【エンタがビタミン♪】【イタすぎるセレブ達】毎日更新中!Techinsightは海外セレブ、国内エンタメの”オンリーワン”をお届けするニュースサイトです。
Techinsight

【イタすぎるセレブ達】アヴリル・ラヴィーンの日本をフィーチャーした新MVに批判殺到。「差別的!」<動画あり>

2014年04月25日 13:00 by ケイ小原

(「ミンナサイコーアリガト」と歌ったものの…)

大の親日家として知られるアヴリル・ラヴィーンが、楽曲『Hello Kitty』のMVを公開した。しかしこれに“日本を差別している”という声が多く浮上、アヴリルは猛反論しているのだが…。

日本が好きで、ハローキティの大ファンというカナダ人歌手アヴリル・ラヴィーン。自宅には“ハローキティ部屋”が2つもあるほどの熱狂的なファンなのだが、そのアヴリルが楽曲『Hello Kitty』のMVを公開したとたん、「これは日本に対し差別的」という批判が一気に浮上した。

歌詞の内容は「とってもプリティ。キティ、どこにも行かないで」「カ、カ、カ、カワイイ」といったもので、特に日本人や文化を差別してはいない。だが日本色満載であったためか、多くの人々が「けしからん」「民族や文化に対し無配慮」と反発したのだ。これに対し、アヴリルはTwitterでこう猛反論を展開している。

「人種差別主義者ですって? 笑っちゃう!! 私は日本の文化が大好きだし、自分の時間の半分は日本で過ごしているのよ。」
「このビデオを撮影するために東京に飛んだの。特に日本のファンのためにね。日本のレーベルと、日本人振付師と、日本人監督と、日本で撮影したんだから。」

昨年は、同じく大の親日家であるケイティ・ペリーがゲイシャ風パフォーマンスを披露し、やはり「日本やアジアを差別している」と大バッシングを受けていた。なお、アヴリルの新MVについては「文化的には問題ないとしても、あまりにもくだらない」という非常に厳しい声も浮上中だ。

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)


もっと読みたい:アヴリル・ラヴィーン

こんな記事もおすすめ!

この記事を読んだ方におすすめです




もっと知りたい!

アヴリル・ラヴィーン

Pickup

新着ニュース




    セレブ独占禁止法!
    PR

    私はもう隠しません!!
    PR

    今すぐ癒しがほしいのよ!!
    PR