海外発!Breaking News

writer : tinsight-hanako

【海外発!Breaking News】運命の相手に出会えない 人工授精でシングルマザーになった女性(英)

母親になることが夢だったというイギリス在住の女性は、これまで複数の男性とデートを重ねてきたが運命の相手に出会うことができずにいた。そんななか、ある映画を観てシングルマザーになることを決意した彼女は、ドナーから精子提供を受けたのち1回目の人工授精で妊娠に成功したという。『Metro』『The Mirror』などが伝えた。

英ブリストルに住むサラ・フィリップスさん(Sara Phillips、36)は2019年、人工授精で授かった娘のベラちゃん(Bella、2)を出産した。

昔から母親になることが夢だったというサラさんは、それまで10年ほど複数の男性とデートを重ねてきたが運命の人に出会うことはできなかった。そこで精子提供ドナーの助けを借りてひとりで子供を産むことを決心したそうだ。

サラさんはその決断についてこう明かしている。

「ひどい言い方かも知れませんが、過去に交際した2人が最悪で自分がまるで傷物のように感じていました。はじめて真剣な交際をしたのは19歳の時で、何だかよくわからないままその関係を解消しました。その後、ソウルメイトだと思える男性に出会ったのですが、最終的には浮気されてしまって。私は彼を疑いもせず完全に信頼していたのに…とてもショックでした。それ以降、誰かと真剣にお付き合いすることはなくなりました。」

そんなサラさんはある日、ジェニファー・ロペス主演の映画『バックアップ・プラン(邦題:カレには言えない私のケイカク)』を観たことをきっかけに、

1 2