海外発!Breaking News

writer : tinsight-katoyukie

【海外発!Breaking News】「生きたカニのクレーンゲーム」で炎上したシンガポールのレストラン、今度は路上を散歩させて非難殺到

このほどシンガポールのレストラン「螃蟹之家(House Of Seafood)」が食用飼育中のカニに紐をつけて路上を散歩させている様子をSNSに投稿し、物議を醸した。同レストランは2019年に“生きたカニのクレーンゲーム”を設置して大批判を浴び、ネットで炎上していた。『The Online Citizen』『Coconuts Singapore』などが伝えている。

シンガポール北東部ザ・プンゴル・セトルメントにあるシーフードレストラン「螃蟹之家(House Of Seafood)」が今月16日、Facebookに「お客様の誰もが満足できる肉厚の身にするために、十分な運動として風の吹くプンゴルビーチを散歩させています!」と記して、数枚の写真を投稿した。

写真はオーナーのフランシス・ンさん(Francis Ng)と子供を含めた数名がカニのはさみにつないだ紐を握り、散歩させている様子を捉えたものだ。カニの散歩にはフランシスさんの愛犬たちも同行している。

この投稿にはオーナーへの怒りや動物虐待を訴える批判の声が相次ぎ、18日に削除された。しかし一度起こった炎上騒ぎはおさまることなく、ついにはシンガポールの動物保護団体エイクレス(ACRES)及びシンガポール動物虐待防止協会(SPCA Singapore)が調査に乗り出した。

エイクレスは22日、Facebookを通じて両団体による合同調査の結果を以下のように報告している。

「先日『レストランの宣伝のためにカニが歩かされていた』と多くの方からご心配の声をいただきました。」

「ACRESとSPCAは21日、レストランのオーナーであるフランシス氏を訪ねて話をうかがったところ『カニはほとんど歩いておらず、少しの間、写真撮影のためにポーズをとっていただけだった』とのことでした。」

「フランシス氏には、レストランでカニがどのように飼育されているかについても教えていただきました。」

のちにフランシスさんは「実際の撮影は5分程度のものだった」と語っており、

1 2