海外発!Breaking News

writer : tinsight-katoyukie

【海外発!Breaking News】牛の口から垂れ下がるヘビ 専門家も「見たことがない」と仰天(豪)

豪ノーザンテリトリーのハイウェイにて、牛がヘビを頭から咥えて噛みしだいている珍しい姿が目撃された。これには長年この地に住む人々や牧場主からも「こんな姿は初めて見た」との驚きの声があがっており、その瞬間をとらえた貴重な写真が話題になっている。『ABC News』『9GAG』などが伝えた。

冷却システムの機械工であるアンドリュー・ガーツさん(Andrew Gertz)はある日、ノーザンテリトリーにあるサンドオーバー・ハイウェイを通ってアリススプリングスの職場に車で向かっていた。すると途中で、牛の口からなにか大きなものが垂れ下がっているのを目にした。

草食動物である牛の主な食事は青草や枯草などの牧草だ。しかしながら実際は草の他にも牛の骨や皮、カンガルーなど道端に転がった動物の死骸を口にすることも珍しくないそうだ。

そのためアンドリューさんもこの牛を見て、「なにか動物の骨でも口にしているのだろう」と思っていたという。だが車が牛に近づくにつれて、アンドリューさんはそれが単なる動物の死骸ではないことに気付いた。

牛が口にしていたのは、ニシキヘビ科の大きなサンド・パイソン(sand python)だったのである。

これにはアンドリューさんも驚き、珍しい光景を写真に収めた。その時のことをアンドリューさんはこのように話している。

「牛に近づいていって、牛の口から垂れ下がっているのが“サンド・パイソン”だって気付いたんだ。」

「なんだか頭から骨まで吸い取られてしまったようだったよ。」

「牛が動物の皮や車にはねられて死んだ動物、カンガルーの骨なんかを食べているのは見たことがあるけど、ヘビを咥えているのは初めて見たよ。特にこんな生きた状態のヘビはね。」

このサンド・パイソン、毒を持たない種類のヘビとのことだが、

1 2