海外発!Breaking News

writer : tinsight-katoyukie

【海外発!Breaking News】わずか6円の税金未納で家を売りに出された89歳女性(米)<動画あり>

このほどアメリカである高齢女性の家が「6セント(約6円)」の税金未納のために売却され、女性があわや自宅を失う危機に瀕するという事態に発展した。女性は89歳と高齢かつアルツハイマー型認知症を患っており、娘のリサさんはTikTokおよびTwitterを通じて市の対応や徴税システムを非難している。『Daily Mail Online』『NBC New York』などが伝えた。

今月9日、米ニュージャージー州モンマス郡のオーシャン・タウンシップに住むグレン・クリスティ・ゴールデンサールさん(Glen Kristi Goldenthal、89)の家が2019年度の税金未納分6セント(約6円)とその利子300ドル(約31600円)が支払われなかったために売りに出されてしまった。

グレンさんの家が売りに出されていることに気付くと、バージニア州に住む娘のリサ・スーヘイさん(Lisa Suhay)はすぐに未納金を支払い、各所へ連絡を取った。これによってグレンさんはなんとか家の売却を免れた。

たった6セントの支払いで母が家を失いかけた事実と、グレンさんへの市の対応に疑問と深い憤りを覚えたリサさんは、SNSにその時の様子をこう明かしている。

「今日、私は丸一日かけて母の家を(差し押えた物件の)公売から救うために奔走しました。」

「母はアルツハイマーなので何が起こっているのか覚えていられなくて、しかも母はそれが恐怖でまた恥ずかしく、とても不安で、とても心配で…私にはどうも言いたくなかったみたいです。」

「パンデミックの真っ只中にある89歳女性の自宅を税金のため売却しようとしたんです。母がいくら未納だったのか知りたい? 6セント、6ペニーです! それだけのために家を売ろうとしたのよ!」

リサさんによると、グレンさんはさらに400ドル(約42000円)ほどの手数料と、売却を新聞に掲載するための広告費まで請求されていたそうだ。

売却に至るまでにグレンさんは一度警告を受けていたようだが、

1 2