イタすぎるセレブ達

writer : techinsight1

【イタすぎるセレブ達】ウィル・スミス「自宅隔離がコロナ流行の鎮静化に繋がる」『I Am Legend』のウイルス学者役から「知識を深めた」

米人気俳優ウィル・スミス(51)が、妻ジェイダ・ピンケット=スミス(48)主催のトーク番組『Red Table Talk』に次男ジェイデン・スミス(21)を除く、長男トレイ・スミス(前妻シェリー・ザンピノとの子供、27)、長女ウィロウ・スミス(19)、そしてジェイダの母エイドリアン・バンフィールド=ノリスさん(66)の家族ぐるみで出演した。米時間18日、円卓テーブルを囲んで行われた討論の中では世界中を悩ませている新型コロナウイルスの話題が挙げられた。

新型ウイルスなだけに不可解な部分が多いコロナに関して、誤った考え方や根拠のない情報も浮上している。ウィル・スミスはこの錯乱した状況に責任を感じていると冗談交じりに発言。SF映画『I Am Legend(アイ・アム・レジェンド)』(2007年公開)の主演を務めたウィルは、この映画の世界観が流行性コロナウイルスに通じるものがあるという。

「俺は2008年(実際には2007年)に『I Am Legend』の主演を務めたからこそ、コロナウイルスにまつわる誤った情報に関してなんとかしなきゃいけないと責任を感じているんだ(笑)」

ウィル・スミスは同作で、人類を滅亡に陥れた原因不明のウイルスと闘うウイルス学者を演じていた。ある日、ニューヨークで原因不明のウイルスが広まり、感染した生物や人々は人間を捕食するモンスターに突然変異し人々に襲いかかる。唯一の生存者でありウイルスの抗体を持つロバート・ネビル博士(ウィル・スミス)は荒廃したニューヨークでたった一人、この原因不明のウイルスの解決策を導き出すために戦っていくというストーリーである。

この映画の内容と、

1 2