海外発!Breaking News

writer : tinsight-masumi

【海外発!Breaking News】代理母になった女性、実の子供2人を残して出産時に合併症で亡くなる(米)

日本では認められていない代理母出産だが、欧米では不妊症を抱えている夫婦や同性愛者のために多くの女性が代理母出産を行っている。このほどアメリカに住む女性が、近所に住む夫婦のために代理母として出産に臨んだものの、自分の家族を残したまま出産時に亡くなってしまった。『New York Post』『fox8.com』などが伝えている。

米カリフォルニア州サンディエゴに住むクリス・リーヴスさん(Chris Reaves、33)と妻のミシェルさん(Michelle)は子供2人をもうけ、幸せな生活を送っていた。ミシェルさんは周りから愛情深いと評判の人柄だったようで、そんな彼女が他人のために役に立ちたいと代理母を引き受けるという行動は自然の流れのようにも見えた。

ミシェルさんは2人の実子であるゲイジ君とモンローちゃんを出産した後、地元に住む夫婦のために代理母出産を買って出たのだ。ミシェルさんは既に、この夫婦のために1人目を代理母出産しており、続けて2人目の子供の代理母も引き受けていた。

しかし誰もが、出産の幸せな瞬間が深い絶望に変わるとは思いもしなかった。今月15日の午前中にミシェルさんの母体から元気な赤ちゃんが生まれたが、ミシェルさん本人は出産中に合併症を起こし、まだ幼いゲイジ君とモンローちゃん、そして愛する夫クリスさんを残して帰らぬ人となってしまったのだ。

クリスさんの悲しみは計り知れないが、