イタすぎるセレブ達

writer : techinsight1

【イタすぎるセレブ達】デヴィッド・ボウイの命日に妻が羽ばたく青い鳥の絵を公開

デヴィッド・ボウイが急逝したというニュースが世界中のファンに衝撃を与えてからはや4年。命日となる1月10日には、妻のイマン(64)が自身のインスタグラムで亡き夫へのトリビュートとして写真やメッセージを投稿した。

2016年、肝臓がんのためデヴィッド・ボウイが亡くなったのは1月10日。2日前の1月8日には、69歳の誕生日を迎えたばかりだった。現在も生きていれば、今年73歳となるはずだった。命日となった1月10日には、ボウイの妻で元スーパーモデルのイマンがインスタグラムで過去の写真を公開。黒いスーツ姿のボウイと、背中の開いた白いドレスを着たイマンが仲睦まじくダンスをしている写真だ。

笑顔でダンスするイマンとデヴィッド・ボウイ(画像は『IMAN 2020年1月10日付Instagram「#BowieForever #EternalLove」』のスクリーンショット)

さらにイマンは「時々思い出は私の目から密かに逃げ出し、頬にこぼれ落ちる」と書かれたメッセージを投稿。次いで「1月10日の青い鳥 #BowieForever #EternalLove」と題したアートワークを公開した。太陽が沈む夕焼け空をバックに、紺碧の海の上で青い鳥が羽ばたいている美しい絵だ。

イマンが公開した「1月10日の青い鳥」(画像は『IMAN 2020年1月10日付Instagram「Bluebird, January 10th」』のスクリーンショット)

デヴィッド・ボウイの4年目の命日となる2日前の1月8日には、73回目の誕生日を迎える亡き夫への追悼を投稿している。「まき散らされた種のように、あなたの思い出はすべての場所で咲き誇る」というメッセージや、ストローハットと白いシャツを装ったボウイが遠くを見つめるモノクロームの写真などを公開した。

在りし日のデヴィッド・ボウイ(画像は『IMAN 2020年1月8日付Instagram「January 8th #BowieForever #EternalLove」』のスクリーンショット)

デヴィッド・ボウイとイマンが結婚したのは1992年。2000年には娘のアレクサンドリアさんが誕生し、セレブ界のおしどり夫婦として有名だった。

ボウイの死から1年後の2017年、

1 2