イタすぎるセレブ達

writer : tinsight-c-emma

【イタすぎるセレブ達】メーガン妃はハリウッドへ出戻り? ヘンリー王子夫妻、カナダ移住で“格差逆転”か

これまで20年にわたり英王室を取材し続けてきた伝記作家サリー・ベデル・スミスさんが、ヘンリー王子・メーガン妃夫妻の今後について『Vanity Fair』に興味深い見解を示している。

高位王族からの引退が決まったヘンリー王子・メーガン妃夫妻のカナダでの新生活をめぐっては現在、様々な憶測が飛び交っている。ロイヤル&ハリウッドという2つの強力なバックグラウンドを持つ“パワー・カップル”だけに、夫妻は今後独自のブランドを構築し、これまでのチャリティー活動に加えてテレビや映画界、出版界、政界など様々なフィールドでの活躍の可能性が囁かれている。

英王室取材歴20年のベテラン王室伝記作家で『Vanity Fair』の寄稿編集者も務めるサリー・ベデル・スミスさんは、そんな夫妻、とりわけヘンリー王子の今後について少々懸念を抱いているという。

世界中に熱狂的なファンを持つダイアナ妃の次男として生まれ、正真正銘のプリンスとして35年間を過ごしてきたヘンリー王子。そのすべてを捨て海を渡ったヘンリー王子だが、彼についてスミスさんはこう語っている。

「ハリーが受けた専門的訓練はヘリコプターの操縦でした。大学は出ていません。チャリティー団体について情熱的に語るのはお手のものですから、演説家としての道はあるかもしれませんね。でも単に“飾り”として関わるだけなら、それがハリーにとって生き甲斐になるとは言い難いのではないでしょうか。」

「今は特に専門的な知識や資格がなくても、Instagramのインフルエンサーとして活躍できる時代です。カーダシアン一家はその最たる例でしょう。しかしハリーはその域はとっくに超えてしまっています。インスタグラマーという肩書きに彼自身が満足するはずもありませんし、ハリーやロイヤルファミリーに対する世間の印象もよくはないでしょうね。」

一方でメーガン妃については、