海外発!Breaking News

writer : tinsight-suzukoellis

【海外発!Breaking News】通行人5人を負傷させ安楽死となった大型犬の飼い主 「ただ家族を守ってただけ」(英)

飼っていた犬が飼い主の子供を襲う悲しいニュースをつい先日お伝えしたばかりだが、このほど再びイギリスで、飼い犬が家の敷地内から出てしまった後に複数の通行人に襲いかかるという出来事が起こった。犬はその後、安楽死処分となった。『Liverpool Echo』『Mirror』などが伝えている。

12月13日の午後1時頃、リバプールのフォームビーでセオドロ・ティリモウさん(Theodoro Tirimou)が飼っていたコーカシアン・シェパード・ドッグの“シンバ”が、風で開いた自宅庭の門扉から外に出て、通行人ら5人に襲いかかった。

オオカミやチベタン・マスティフの血を引く大型犬コーカシアン・シェパード・ドッグは体が丈夫な犬種といわれ、家畜をオオカミや家畜泥棒から守る護畜犬として使われてきた。セオドロさん宅でも「番犬」として飼われていたシンバはこの日、通りに出ると15歳の少女を含む5人に次々と襲いかかり、それを目撃した人は「叫び声が聞こえ、1人の通行人は大きな犬に襲いかかられて道路に押し倒されていた」と話している。シンバは翌14日に安楽死処分となった。

セオドロさん一家は、シンバを番犬として飼っていたほか、敷地を高い壁で囲み電子ゲートを設置するなどセキュリティ面では万全だった。しかしまさか飼い犬が外に勝手に出て人を襲うとは予想もしておらず、