海外発!Breaking News

writer : tinsight-suzukoellis

【海外発!Breaking News】眉タトゥーに失敗し除去手術後、眉毛がなくなってしまった女性(豪)

シドニーのクリニック「Detail Tattoo Removals」を運営するアンドリュー・チムさんは「多くの人がいい加減なタトゥーを入れて、結局除去したいと当店に訪ねてきます。ここ数年、酷い眉タトゥーを除去したいというお客さんも増えていますよ。多くの店では最新技術を導入する余裕がなく、“Q-Switch”という機械を使った施術法でタトゥーを除去していますが、当店では超短パルス発振レーザーの“Picoway”という機械を取り入れています。熱をほとんど発生させず光のエネルギーを使うこの機器は300,000豪ドル(約2,600万円)もしましたが、レーザーを照射している時間が短いため副作用も少なく、6回ほどの治療でインクを完全に消すことが可能になるのです」と話している。

キムさんは「今度眉タトゥーをする時には、もっとリサーチして用心深くなろうと思います。でもしばらくはこのままでいることにします。正直、眉が全くない方が自分の好きな形で眉を描けるしいいかも」とポジティブな発言をしている。

なお少し前には、同じくオーストラリアのメルボルンにて眉タトゥーをした女性が眉の皮膚が剥離し爛れる事態に陥り、高額な治療費がかかってしまったというニュースが報じられていた。

画像は『news.com.au 2017年8月21日付「The dangers of eyebrow tattoo and dodgy laser removal: ‘I literally have no eyebrows now’」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

「好きな形に眉が描ける」とポジティブなキムさん(画像は『news.com.au 2017年8月21日付「The dangers of eyebrow tattoo and dodgy laser removal: ‘I literally have no eyebrows now’」』のスクリーンショット)