エンタがビタミン

writer : sekihara

【エンタがビタミン♪】芦田愛菜&鈴木福が恋心演じる。自身の初恋は2人とも「まだ」「難しくて分からない」

8月10日は、世界で最も有名なビーグル犬と言っても過言ではない“スヌーピー”の誕生日。この日、都内にて『スヌーピー・バースデー・イベント』が開催され、スヌーピーをお祝いしようと熱心なファンが集まった。イベントに登場した人気子役の芦田愛菜ちゃんもスヌーピーが大好き。愛菜ちゃんにとっても嬉しい一日となったようだ。

同イベントには、12月4日公開の映画『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』で吹き替え声優を務める4人が出席した。サプライズとして箱の中から登場したのは、チャーリー・ブラウン役の鈴木福君、“赤毛の女の子”役の芦田愛菜ちゃん、サリー役の小林星蘭ちゃん、ルーシー役の谷花音ちゃんの4人、大人顔負けの演技でおなじみの最強子役たちだ。全員キャラクターに扮した衣装や髪型で、クラッカーを鳴らしてお祝いムードを盛り上げた。

箱の中から登場した鈴木福、芦田愛菜、小林星蘭、谷花音。

なかでも芦田愛菜ちゃんは、もともとスヌーピーの大ファン。「スヌーピーに会うことができてすごく嬉しかったし、記念日を一緒にお祝いできて幸せでした」と喜びいっぱいだ。イベント中にもスヌーピーの横に立っていた愛菜ちゃんは、さりげなくスヌーピーに触れたり、実際に触って「ふわふわ!」と大感激。自分が同作の声優が決まったときは嬉しさのあまり、「お母さんに“本当に、本当に、本当に?”と何回も確認しちゃいました」と興奮した様子を振り返った。

そんな愛菜ちゃんは「スヌーピーのグッズは大好きで、筆箱とか鉛筆、ノート、消しゴム、お弁当箱と水筒、夜寝るときのパジャマもスヌーピー」と一気に説明して、報道陣を驚かせた。

大好きなスヌーピーと会えて大喜びの愛菜ちゃん

愛菜ちゃん演じる“赤毛の女の子”は、福君演じるチャーリー・ブラウンが恋をする相手である。ドラマ『マルモのおきて』で演技と歌で大人気になったコンビで、恋心を演じることになるわけだ。これについて福君は「難しいね。分からない」と愛菜ちゃんと顔を見合わせて戸惑う。というのも、2人とも初恋はまだなのだそう。愛菜ちゃんはそのあたりの演技については「お母さんにいろいろ聞いてみたいです」とお母さんから情報を仕入れるとのこと。好きなタイプについて愛菜ちゃんは「スポーツができたり、あとは一緒にいて料理を作ってくれたりするような男の子がいい」と明かしたが、スポーツは得意かと聞かれた福君は「スポーツは苦手です」と苦笑い。だが料理については「ニョッキと餃子を作りました」と報告した。

イベントに登場した吹き替え声優の4人の子役たち。鈴木福、芦田愛菜、小林星蘭、谷花音がスヌーピーと。

夏休みの宿題について、愛菜ちゃんは「調べ学習で日本の歴史の年表を書いています。まだ大化の改新です。終わるかな?」とちょっと心配そう。小学生らしい一面も見せていた。

映画『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』は12月4日(金)公開。TOHOシネマズ スカラ座他全国ロードショー
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)