エンタがビタミン

writer : techinsight

【エンタがビタミン♪】羽生結弦2連覇へ応援の声続々。「医務室で手をつないで励まし合った」衝突事故選手も出場。25日開幕『世界フィギュアスケート選手権』の見どころ。

国際スケート連盟主催で最大の国際競技会『世界フィギュアスケート選手権』が今年は3月25日から中国・上海で開催される。昨年は、男子シングルは羽生結弦、女子シングルは浅田真央が優勝し、日本勢が大活躍を見せた。今年は2連覇に向けて羽生選手への期待が高まっている。ここしばらくコンディションが心配されている羽生選手だが、彼を応援する声が続々上がっているようだ。

羽生結弦といえば、2014年ソチオリンピックで金メダルを獲得する快挙を成し遂げ、現在20歳という若さで男子スケート界を牽引する存在だ。ただ、今季はアクシデントや体の不調が続いている。昨年11月上旬には練習中に他の選手と衝突、顎などを縫う怪我を負った。そして12月末には尿膜管遺残症のため手術、2月初めに右足首の捻挫と、なかなか万全の体調に恵まれない。

今大会のリンクは、あの衝突アクシデントが起こったのと同じリンクだ。24日に公式練習に登場した羽生選手は、大勢のファンが見守る中、ジャンプの位置や目線や動きの確認を行った。そして2種類の4回転を決めるなど期待が持てる内容となった。練習後、報道陣の前で羽生選手は「全日本選手権から3か月経ち、その間にいろいろあった」と振り返り、ここまで来られたことに「幸せだなと思っています」と心境を明かした。

そんな羽生選手に対して、今大会を4夜連続独占放送するフジテレビの番組サイト(http://www.fujitv.co.jp/sports/skate/world/index.html)のメッセージコーナーには彼を応援する声が続々と届いている。10歳に満たない子どもから50代のおとなまで幅広い年代のファンから「いつも演技から、元気や勇気、パワーをもらっている」「最高の演技ができるように」「上海で笑顔を見たい」などたくさんの熱い応援メッセージが寄せられている。

番組サイト(http://www.fujitv.co.jp/sports/skate/world/special.html)では、ほかにもスペシャルムービーを視聴することができる。『ライバルが語る羽生結弦』では、J・フェルナンデス選手(スペイン)、ハン・ヤン選手(中国)、デニス・テン選手(カザフスタン)が羽生選手について語っている。ハン・ヤン選手といえば、あの衝突事故の相手選手だが、「お互いにごめんと謝った」「医務室に運ばれ2人で手をつないで励まし合った」などアクシデントの際の状況についても明かしている。

男子シングルには、ほかにも小塚崇彦選手、無良崇人選手が日本から出場。小塚選手は日本チーム最年長・26歳、世界選手権は7度目の出場だ。2011年には世界選手権で銀メダリストに輝いており、今回もベテランの風格を見せてくれるだろう。無良選手もダイナミックなジャンプを武器にノーミスで滑れば良い成績が期待できる。

小塚崇彦選手は世界選手権は7度目の出場

一方女子シングルは、前回優勝した浅田真央が休養中のなか、村上佳菜子選手、宮原知子選手、本郷理華選手が日本から出場。村上選手は前述の番組サイトの動画で、「シーズン最後の大会になると思うので、しっかり最高の演技をしたい」と気合いが入っている。村上選手は現在本調子ではないと言われているが、いつもの明るく弾けるような笑顔をリンクの上で見たいものだ。また今月26日に17歳になる宮原選手は世界大会に初出場、本郷選手も初めて世界の舞台に挑むが、それぞれチャレンジャーとしてプレッシャーに負けずに表彰台の一角を狙うことを期待したい。

村上佳菜子選手の笑顔が見られるか!?

番組サイトでは「スペシャルムービー」のほかにも「見どころ」「選手紹介」なども掲載されており、こちらで情報を仕入れてから大会中継を見るとさらに面白そうだ。女子ショートプログラムは26日、男子ショートプログラムは27日、男女ともフリーは28日、そしてエキシビションが29日に行われる。
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)