海外発!Breaking News

writer : tinsight-masumi

【海外発!Breaking News】「犬が銃を発砲?」 緊急通報オペレーターも驚くまさかの事故(米)

アメリカでは銃による事件が後を絶たないが、大人だけでなく10代の若者や幼い子供が銃を手にする機会があることも一因と言える。だがこのほど銃を発砲した加害者が人間ではなく犬だったことで、緊急通報を受けたオペレーターも驚くしかなかったようだ。『New York Post』『Washington Post』などが伝えている。

今月3日の午後2時半頃、米オクラホマ州イーニドで「女性が撃たれた」と男性から緊急通報があった。通報したのはピックアップトラックを運転していたブレント・パークスさん(Brent Parks、79)で、撃たれたのは助手席に座っていた助手のティナ・スプリンガーさん(Tina Springer、44)だった。

ブレントさんが911に通報した音声を『New York Post』が入手しているが、そこには次のようなやり取りがあった。

ブレントさん「助けてくれ。助けが必要なんだ!」
オペレーター「こちらコール911。何があったの?」
ブレントさん「ああ、銃が暴発して…。」

ここでブレントさんの隣に座るティナさんが「お願い! 助けて」と叫んでいるのがオペレーターにも聞こえ、撃たれたのは女性だと判断したようだ。そこでオペレーターは銃を発砲した者について尋ねている。

オペレーター「彼女が自分で撃ったの?」
ブレントさん「いやぁ、弾が彼女の脚に当たったんだよ。」
オペレーター「で、彼女が自分で?」
ブレントさん「いや違うんだ。彼女じゃなくて、その銃が…。」
オペレーター「で、誰が彼女を撃ったの?」

誰がティナさんを撃ったのかなかなか明かさないブレントさんだったが、