海外発!Breaking News

writer : tinsight-masumi

【海外発!Breaking News】寝かしつけるため1歳娘に薬物を与え死なせた母親 法廷で中指立てる(米)

幼い子供を持つ親であれば寝かせる時は本を読んであげたり添い寝したりするだろうが、アメリカである母親があまりに危険な方法で寝かしつけ、幼い娘を死に追いやることとなった。後にこの母親は裁判所に出廷したが、まったく反省の態度が見られなかったようだ。『New York Post』『Metro』などが伝えている。

今月17日、米メイン州バンゴーに住む3児の母キンバリー・ネリガン(Kimberly Nelligan、33)が逮捕された。キンバリーは昨年、末娘で1歳だったジョーディーちゃん(Jordy)を寝かしつけるために歯茎にヘロインを塗って死なせてしまったのだ。

当時のキンバリーは母親と継父、そして子供達と同居していた。ジョーディーちゃんの兄と姉も幼い頃にキンバリーから歯茎にヘロインを塗られていたようで、同じようにジョーディーちゃんにもヘロインを使用したもようだ。

しかし昨年10月10日、ジョーディーちゃんの容体に異変があり救急隊に連絡する事態になった。残念なことに駆けつけた救急隊員によってジョーディーちゃんの死亡が確認され、その後ジョーディーちゃんの遺体は検視によって急性フェンタニル中毒が死因と判明した。

フェンタニルは主に麻酔や鎮痛剤などに使われるものだが、『New York Post』によるとモルヒネの約50から100倍も強力に作用することから“合成ヘロイン”とも呼ばれているという。警察は、キンバリーは少量のヘロインをジョーディーちゃんに使用したとみている。

またジョーディーちゃんの父親シェイン・スミスさん(Shane Smith)は、