海外発!Breaking News

writer : tinsight-masumi

【海外発!Breaking News】ポメラニアンの子犬、散歩中に10代少年グループに蹴り殺される(英)

ペットを飼っている人にとって震撼するような事件がイギリスで発生した。公園を散歩中の子犬が、少年らに蹴られて殺害されてしまったのだ。悲しみに暮れる飼い主だが、警察に通報したうえでSNSでも少年グループの情報提供を呼びかけている。『New York Post』『The Sun』などが伝えた。

今月16日の午後3時頃、ロンドン東部のラムフォードにあるラファエル・パークで、サマンサ・ウィンフィールドさん(Samantha Winfield、29)が飼っている“スカウト”という名のポメラニアンの子犬が少年グループに襲われた。

サマンサさんはポメラニアンの子犬を2匹飼っており、その日は彼女のボーイフレンドが2匹を連れて公園を散歩していた。すると10代とみられる少年グループが近づいてきて、理由も無く暴力を振るってきたという。

そして危害はボーイフレンドだけではなく子犬にまで及んだ。少年らは小さなスカウトに狙いを定め、思いっきり蹴り上げた後でその場から立ち去った。ボーイフレンドはスカウトともう1匹の子犬を抱きあげて、すぐに動物病院へと連れていったものの、小さなスカウトの命は既に尽き果てていた。

愛犬の突然の死にサマンサさんの悲しみは計り知れないものがあるが、それでも彼女は今回のことを警察に通報するとともに犯人逮捕の近道となるべくFacebookのグループページ「Missing Pets in Havering Romford and Dagenham」に情報提供を呼びかけた。そこには、