海外発!Breaking News

writer : tinsight-suzukoellis

【海外発!Breaking News】動画投稿で稼ぐため、絶滅の危機に瀕した動物を調理し食べた女(カンボジア)

カンボジアのある夫婦が、YouTubeに希少で保護が必要な野生生物を調理し食べたシーンを投稿したことから逮捕された。カンボジアの環境省が現在、調査を続けているという。『Metro』『The Sun』などが伝えた。

カンボジアのプノンペンに住む1児の母アー=リン・タッチと夫プーン・レイティはソーシャルメディアで生計を立てようと思い立ち、昨年12月から動画をYouTubeに投稿し始めた。しかしその内容は、アー=リンが自宅近くの森で絶滅危惧種に指定されている動物や保護下にある野生生物を調理して食べるもので、これらの動画を見た閲覧者たちから怒りの声があがった。

アー=リンが動画内で食べていたものとして挙げられているのは、絶滅危惧種に指定されているスナドリネコ、保護指定された大鷲を含む複数の鳥、大型トカゲ、キングコブラ、鮫やアカエイ、カエルなどである。問題になったことから、絶滅危惧種や国の保護下に置かれた野生生物の調理・食事シーンの動画を夫婦は削除したようだが、カエルやコブラ、鮫などを調理して食べている動画は今もYouTubeで閲覧可能になっている。

5月9日にカンボジア環境省が夫婦の身元捜査を始め、翌日に2人は野生生物の命を奪ったことを公に謝罪した。しかしながら夫婦は「プノンペンのPreak Phnovにあるマーケットで野生生物を購入した。どんな種類の動物を調理したのかは覚えていない。それらが国の保護下にある生物だとは知らなかった」と反論していたが、