【エンタがビタミン♪】【イタすぎるセレブ達】毎日更新中!Techinsightは海外セレブ、国内エンタメの”オンリーワン”をお届けするニュースサイトです。
Techinsight

【エンタがビタミン♪】<木村佳乃インタビュー>デビュー20年、新しいことに挑戦し続けるワケ

2016年03月12日 21:00 by 関原りあん

3月5日公開の映画『星ガ丘ワンダーランド』に物語のカギを握る母親役で出演している女優・木村佳乃。近年では演技だけでなく、バラエティ番組出演やMCをこなすなど活動の幅を広げてきている彼女に、新作映画のこと、女優としてのこれまで、そしてこれからについて話を聞いた。

映画『星ガ丘ワンダーランド』で木村は、2人の息子(新井浩文・中村倫也)がまだ幼い頃に家族の元から去り、その後2人の子ども(佐々木希・菅田将暉)と暮らすことになった母親・爽子を演じている。それから20年、楽しい思い出の場所でもある今はさびれた遊園地「星ガ丘ワンダーランド」で謎の死を遂げた爽子。その死をきっかけにそれぞれの止まっていた時間が動き出す―。

■演じたのは愛情深い謎の女性
―今回、木村さんが演じられた爽子はどのような女性だと思いますか?
木村:愛情が深い女性だなとは思ったんですけれど、同時に恋に落ちて家族を捨てて好きな人のところに行ってしまったわけで、ある種の寂しさを秘めた女性だなと思いました。(中村)倫也くん演じる主人公の思い出の中の母親になっていて、回想でしか出てこないので謎な部分も多いんですが、それも柳沢(翔)監督の狙いだったので監督の指示に従って演じました。それにしても、私、(佐々木)希ちゃんと倫也くんと菅田(将暉)くんと新井(浩文)さんのお母さんですよね。そう考えるとすごいなって(笑)。

■人生思い通りではつまらない
―木村さんご自身も2児のお母さんですが、爽子が子どもを置いていった行動を理解することはできましたか?
木村:(爽子は)すごく辛くて身が引き裂かれる思いだったと思うんです。離れ離れになりたくなかったし、出て行きたくなかったと思いますけど、どうしてもしょうがない理由があるときって、人間にはありますよね。人生ってやはり思い通りにならないことって、たくさんありますよね。

―意外ですね。木村さんにもそんなことがあるのですか?
木村:ありますよ! あります、あります。失敗もするし、悔しい思いもするし。思い通りになったら、逆に人生つまらないですよね。先のことは分からないし、誰にも分からないですよね。受け入れるじゃないですけど、いろんなことがありながらも生きていくというのがとても素敵なことなんじゃないかなと思います。

演じた爽子は「愛情深い女性」と木村佳乃

■主題歌も担当。子守唄のように歌った
―今作で、木村さんは主題歌を務めていらっしゃるのも話題ですね。
木村:(依頼を受けたときは)「(中村)倫也くんが歌わないの?」と思いました。彼は読売演劇大賞(優秀男優賞)を受賞したこともある、ストレートプレイもミュージカルもできる歌の上手い俳優なので。でも柳沢監督が「子守唄として女の人に歌ってほしい」とおっしゃったので、レコーディングでも「歌い上げるのではなく、胸に抱いている赤ちゃんに子守唄のように歌ってください」と言われて、そのように努力しました。

―エンドロールで木村さんの歌が流れましたが、とてもマッチしていましたね。ご自身のお子さんには歌ってあげたのですか?
木村:歌わなかったですね。子守唄を歌うにはうちの子はちょっと大きかったかも。残念ですが、どちらかというと絵本の読み聞かせ(の時期)ですね。

主題歌も歌った木村佳乃

■母の味は梅干しのおにぎり
―今作では母親の味として、りんごのスープが出てきますが、木村さんにとっての母親の味は何でしょうか?
木村:まだ母が元気で健在なので思い出にはなっていないんですけど、おにぎりですかね。母が作ってくれるおにぎりがすごく好きだったんです。具は梅干しです。すっぱいものが大好きで。ラップでくるんで、それをリボンで結んでくれて、ちょっとしたそういう心遣いが嬉しいんですよね。

母の作る梅干しのおにぎりが好き 木村佳乃

■ターニングポイントは映画の長期ロケ
―ところで木村さんはドラマデビューからちょうど20年ですね。これまでを振り返ってターニングポイントはありましたか?
木村:ターニングポイントは、26、27歳のときに(主役を)やらせていただいた映画『船を降りたら彼女の島』(磯村一路監督)ですね。愛媛県出身の女性が東京で働いていて結婚の報告に愛媛に帰ってきて自分の懐かしい思い出をめぐるという本当に静かな映画です。それまで連ドラ4本ぐらいかけ持ちしたり、朝4時まで撮影して7時入りのようなことが多かったのですが、初めて長期ロケで愛媛県の小さな島に1か月間ひとりで行きました。そのときまでプロデューサー業の方とか制作さんたちがどんな動きをしていたかあまり知らなかったのです。でもずっと同じ宿で仲良くなってスーパー銭湯に行ったり、空き時間は編み物したり、輪になってみかんを食べたりして、ずっと一緒に過ごしていたら、映画ってこういう人がこういう動きをしているんだとすごく分かって、本当にこれはみんなでひとつのものを作り上げているんだ、“磯村組”なんだと感動したのを覚えています。それがすごくいい経験でした。もともと映画が好きでこの世界に入ったので、映画女優というのをちゃんと目指したいと思ったのがターニングポイントでした。

これからも新しいことに挑戦していく 木村佳乃

■新しいことも挑戦
―この頃はバラエティ番組にも出演されていますが…?
木村:やはりデビューして20年なんですよね。ここで守りに入るか、新しいことをするかで、今後の20年、またずいぶん変わってくると思うんですよね。なので継続してきたことは続けながら、新しいことにも挑戦していくのは、自分に合っているなと。

―ほかにもこれからチャレンジしたいことはありますか?
木村:最近、性をテーマにした映画、バイセクシャルだったり性同一性障害だったり、って増えてきましたよね。とても繊細な問題でもありますけど、昔からずっとあることだと思うし、昔はもっとタブーだったかもしれないですけど、今も偏見がなくなったかというとそうでもないですよね。そういうジャンルに興味があります。

■40代を迎えるにあたって
―木村さんは来月40歳になりますね。どのような40代になりそうですか?
木村:40代ですよね。まず健康に気を付けて、あとは事故にも気を付けないとですね。お仕事はとても好きなので、お仕事をしながら家族と一緒に成長できればなと思います。
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)


もっと読みたい:木村佳乃

こんな記事もおすすめ!

この記事を読んだ方におすすめです




もっと知りたい!

木村佳乃

Pickup

新着ニュース




    セレブ独占禁止法!
    PR

    私はもう隠しません!!
    PR

    今すぐ癒しがほしいのよ!!
    PR