エンタがビタミン

writer : maki

【エンタがビタミン♪】菊地亜美の“裸眼”姿がまるで別人「外には絶対出れない」

菊地亜美がカラコンを外して裸眼で撮った1枚をブログで公開した。デビュー以降カラコンを使用しているというから、なかなかのレアショットである。彼女は「この写メの状態では外には絶対出れない」と明かすものの、読者の反響は好評が多い。

タレントの菊地亜美が12月21日、『菊地亜美オフィシャルブログ「Ami’s garage」』にて「カラコンしてないから、私って言わないと分からないかな。笑」と自嘲気味に公開した1枚が反響を呼んでいる。2006年にレプロエンタテインメントへ所属して、翌年北海道から上京、2008年にアイドリング!!!のメンバーとなった菊地亜美。その頃から仕事ではカラコンを付けていたので、今回のように裸眼姿を披露したことはほとんどないそうだ。

視力も良くないのでほとんどコンタクトをつけて過ごしているが、目のトラブルが起きやすいのでレーシック手術をしようか検討中だという。その悩みを伝えてたくてカラコンを外して見せたらしい。

ところが、読者からは「カラコンなしだとホント別人みたい。それでもカワイイ…」「カラコンないほうが可愛いと思ってしまった!」「裸眼の方が大人っぽくて好きかもですー、きれいですねー」とほとんどが好評だ。アイドリング!!!を卒業して早くも1年が過ぎた。そろそろカラコンを外してイメージチェンジするのも良いかもしれない。

※画像は『菊地亜美オフィシャルブログ「Ami’s garage」』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)