【エンタがビタミン♪】【イタすぎるセレブ達】毎日更新中!Techinsightは海外セレブ、国内エンタメの”オンリーワン”をお届けするニュースサイトです。
Techinsight

【エンタがビタミン♪】辻希美の「中華まん弁当」が斬新すぎる! 木下優樹菜にはまだ負けない?

2014年01月19日 18:10 by みやび

辻希美が反撃に出たのかとも囁かれている。ブログなどに公開している彼女の手料理が悪い意味で評判となりネット上で叩かれるも、結果的にはアクセスの大きな増加につながり、辻はママタレントの人気ブロガーとしてトップの地位を守り続けてきた。だが年が明けると木下優樹菜の手料理についてネット上での攻撃が激しくなり、なかなか収まらない。そんな中、またもや辻がブログに掲載したお弁当の写真が、大きな波紋を広げている。

流しそうめんウィンナー」という斬新なアイディアで世間を大騒ぎにさせ、毎日幼稚園に通う我が子のお弁当にこれでもかとウィンナーを入れ続けていた辻希美。他のおかずは卵焼きに肉団子が多く、「野菜が少なすぎる」「おかずがワンパターン」などどんなに批判がネット上に噴出しても、辻はブログにお弁当の写真を今も載せ続けている。

だが最近は彼女の料理に対して、一時期に比べて反応が少なくなっているようだ。“3人の子育てをしながら毎朝お弁当を作っているのだから、おかずがワンパターンでもよくやっている”との世間の声が多くなってきたこともあるが、一番の要因は“辻=ウィンナー”の話題に人々が飽きてきたことが大きいのだろう。

すると年が明け、木下優樹菜のSNSでの一般人への対応を巡り、彼女への批判が大きくなった。そして彼女が公開した手料理に関する攻撃がネット上で始まり、今も事態の沈静化には至っていないようだ。

そんな中1月17日に更新された辻のブログ『のんピース』。いつものようにお弁当の写真が載せられているが、卵焼き、ウィンナー、肉団子の黄金トリオに加えて“中華まん”が2つ。いつもはおにぎりが入っているスペースに、レタスが敷かれた“中華まん”。幼稚園児用の弁当箱に2個も入るのだから、子どもがおやつなどに食べる冷凍食品の小さな“中華まん”だと思われる。

この「中華まん弁当」はネットユーザーに衝撃を与えたようで、久々に辻の話題で盛り上がっている。“斬新だ”“冷めた肉まんは皮が硬い”などの意見で大騒ぎだ。「鼻水くしゃみが止まらず…集中力がゼロ」だったことから“手抜き弁当”(本人が認めている)になったと、ブログで辻本人が説明している。

毎日のお弁当作りは、母親が体調のすぐれない時もあるだろう。そんな時は手を抜いたって構わないと思うが、なぜそのようなお弁当の写真まで公開するのか。その日もブログは何度も更新され、そのうち1件はアメーバー公認のコラーゲンについて。そして自身がプロデュースしているブランド“Saruru”のスタイをつけた子どもの写真。次の日は新幹線で家族揃って軽井沢にスキー旅行に出かけている。改めて辻希美の母としてタレントとしての逞しさを、感じさせられたブログであった。

※画像は、辻希美オフィシャルブログ『のんピース』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 みやび)


もっと読みたい:辻希美

こんな記事もおすすめ!

参照

この記事を読んだ方におすすめです




もっと知りたい!

辻希美

Pickup

新着ニュース




    セレブ独占禁止法!
    PR

    私はもう隠しません!!
    PR

    今すぐ癒しがほしいのよ!!
    PR