【エンタがビタミン♪】【イタすぎるセレブ達】毎日更新中!Techinsightは海外セレブ、国内エンタメの”オンリーワン”をお届けするニュースサイトです。
Techinsight

【イタすぎるセレブ達】ケイティ・ペリー、着物姿で新曲を披露したステージに「人種差別!」と批判の声。

2013年11月26日 18:00 by ケイ小原

(このパフォーマンスに猛バッシングが!)

11月24日にLAにて開催された『2013 American Music Awards(AMA)』にて、ご覧のような着物姿で新曲「Unconditionally」を歌ったケイティ・ペリー(29)。かねてより「日本が大好き!」と公言してきたケイティならではのパフォーマンスだったにもかかわらず、メディアと視聴者からは「人種差別的な行為だ」という厳しい声が噴出している。

『AMA授賞式』にて、和のムードたっぷりのステージで歌を披露したケイティ・ペリー。その着物姿に「中国のチャイナドレスとゴチャ混ぜになっている」という意見があがるも、舞台に和太鼓、和装のダンサー、鳥居まで用意したケイティのテーマはあくまでも日本であった。

そんなパフォーマンスに多くの日本人ファンが喜びの声をあげたものの、海外メディア、また授賞式を視聴した人々からは「あまりにも人種差別的だ」という批判が続出しているのだ。

「このような型にはまったイメージは有害だ。」
「文化を考慮もせず、“アジア人って楽しそう”と言っているかのようなパフォーマンスだった。」
「目を細く見せるメイクをしなかったのは、寸前の決断だったのでは?」

こういった意見が有名紙やインターネットサイトにズラリ。一部ファンからも「これは明らかに差別的な行為」、「どうして芸者の姿であの歌を歌うの?」という疑問の声もあがっている。一方でコアなファンたちは「ケイティは昔から日本マニア、差別じゃない」という意見をネット上に書き込み擁護しているが、思いもよらぬバッシングに驚いたのか、ケイティは今のところこの件についてコメントを発していない。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)


もっと読みたい:ケイティ・ペリー

こんな記事もおすすめ!

この記事を読んだ方におすすめです




もっと知りたい!

ケイティ・ペリー

Pickup

新着ニュース




    セレブ独占禁止法!
    PR

    私はもう隠しません!!
    PR

    今すぐ癒しがほしいのよ!!
    PR