【エンタがビタミン♪】【イタすぎるセレブ達】毎日更新中!Techinsightは海外セレブ、国内エンタメの”オンリーワン”をお届けするニュースサイトです。
Techinsight

【エンタがビタミン♪】「将来の夢はなんですか?」“ももクロ”百田夏菜子が母校で講師に。

2013年03月12日 16:00 by 真紀和泉

ももいろクローバーZ(ももクロ)のリーダー・百田夏菜子が、母校の小学校で講師を務めたことをブログで報告している。母校での講師デビューに川上マネージャーやメイクさん、スタイリストさんも駆けつけて準備を手伝ってくれたという。




静岡県浜松市出身の百田夏菜子は、小学5年生でスターダストプロモーションのオーディションに応募して合格している。母校の後輩にとって、彼女は同じ年代で芸能界に入った憧れの先輩だろう。

3月12日の百田のブログ『でこちゃん日記』では、彼女が母校の先生から依頼されて小学校の講師を務めたことを報告している。百田は「先輩に学ぼう!みたいので、毎年いろんな人が講師としていろいろ話しにくるんですが…」と説明しており、小学校で定期的に講師を呼んで授業を行っているようだ。

「私が講師? 私なんかで大丈夫なのかな?」とはじめは悩んだが、小学生たちに役に立てるならばと川上マネージャーに相談した。するとマネージャーも賛同し、司会をやってくれることになったという。さらには「ちゃんと見た目だけでも先輩っぽくしていかないと」と、メイクさんとスタイリストさんも手伝ってくれたのだ。「みんな仕事じゃないのに来てくれて、ほんとにありがたい!」と百田は感謝していた。

授業では「夢について」百田が今までに経験したり学んだことを語った。彼女から生徒たちに「将来の夢はなんですか?」と問いかけると、パン屋さんや保育士、野球選手、そしてアイドルなど将来なりたい自分の夢を元気に話してくれた。彼女もそれを聞きながら「なんだかよくわからないけどグっとくるものがあって、一緒に頑張ろうねって約束しました!」という。

無事に講師を務めた百田は、「最後にありがとうって言ってもらえてやってよかったって思いました!」、「素敵な時間だったな。私にとってもすごく勉強になる時間でした」と初めての体験を振り返っていた。

ブログには「ももクロは良いスタッフに恵まれていますね」、「温かいスタッフもグッ」と彼女の講師デビューに駆けつけたスタッフを評価するコメントが届いている。「小学生が羨ましい」、「同じ浜松市に住んでいる小学生にとってはちょっと悔しいかも」という内容もあり、彼女の授業を聞きたかった者も少なくない。

「後輩たちもいい先輩をもったね」、「何事も努力している人の言葉には重みがあるもんだよ!」、「年齢問わず夢を与えてると思うし、こんなにも愛されるアイドルはほんと凄い!」と講師としての百田夏菜子を絶賛する声も見受けられた。

中には小学生の時に講師が来たことが無いというコメントもあり、学校によってやり方は違うようだ。いろいろな分野で成功した講師を呼ぶことは生徒たちが夢について考える良い機会となる。ただ百田夏菜子並みに生徒たちが喜ぶゲストを迎えるのは、そう簡単なことではないだろう。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)


もっと読みたい:ももいろクローバーZ

こちらも読まれています!

参照


末はパリスかジェニロペか
PR

セレブですけどイタくない
PR

自分の可能性忘れてない?
PR



もっと知りたい!

ももいろクローバーZ

Pickup



新着ニュース




    セレブ独占禁止法!
    PR

    私はもう隠しません!!
    PR

    今すぐ癒しがほしいのよ!!
    PR