【エンタがビタミン♪】【イタすぎるセレブ達】毎日更新中!Techinsightは海外セレブ、国内エンタメの”オンリーワン”をお届けするニュースサイトです。
Techinsight

【EU発!Breaking News】コンピューターゲームに没頭中、突然死した男性。原因は12時間もの同じ姿勢。(英)

2011年08月03日 16:00 by 椎名智深

イギリスに住む20歳代の男性が友人らとコンピューターゲームで遊んでいる最中に突然倒れ、病院に運ばれたが死亡した。彼の突然死の原因は、ゲームに没頭しすぎて自分自身の体調を省みなかったことにあった。

男性は体調不良を訴える前、友人らと共にコンピューターゲームで遊んでいたが、約12時間もの間全く同じ姿勢でひたすらゲームに没頭していたという。同じ姿勢の状態が長く続いた後、ガムを取ろうとして動いた男性の身体は突然崩れ落ち、病院に運ばれることとなったが、その時点で既に死亡していた。

解剖の結果、男性の死因は肺栓塞によるものであることが明らかとなった。この病気は、例えば長時間動かずにいることで肺の静脈の中に血栓ができ、それが血液の流れをせき止めることで引き起こされるものである。つまり、ゲームの最中全く同じ姿勢のままでいたことで、彼の体内に血栓が発生し、それが彼を死に至らしめたのだ。

もっとも男性はゲームの最中に、胸の辺りに痛みを感じると話していたそうだ。つまりそのサインを見逃していなければ彼の命は助かった可能性もあるが、動くことすら忘れてひたすらゲームに没頭していたというから、そうした兆候に注意を払うことなどなかったのかもしれない。

夏休みや休暇の季節になり、自分自身、あるいは周囲でコンピューターゲームをする機会が増える方も多くなるだろうが、どうかほどほどに。
(TechinsightJapan編集部 椎名智深)


こんな記事もおすすめ!

この記事を読んだ方におすすめです




もっと知りたい!

Pickup

新着ニュース




    セレブ独占禁止法!
    PR

    私はもう隠しません!!
    PR

    今すぐ癒しがほしいのよ!!
    PR