海外発!Breaking News

writer : tinsight-hanako

【海外発!Breaking News】就寝中の妻の部屋に猛毒コブラを放ち殺害した夫「財産が欲しかった」(印)

インドで昨年、就寝中の妻の部屋に猛毒を持つコブラを放ち、噛ませて殺害するという事件が発生した。「妻の財産が目当てだった」と話す夫は、コブラがより攻撃的になるように1週間エサを与えずにいたという。そんな夫に、このほど裁判で二重の終身刑が言い渡された。『India Today』『BBC』などが伝えている。

インドのケララ州コラムで昨年5月7日、ウトラ・クマルさん(Uthra Kumar、25)が猛毒を持つコブラに噛まれて死亡した。同年3月2日にも毒を持つラッセルクサリヘビに噛まれていたウトラさんは、約2か月の入院を経て退院し、実家で療養していたという。

地元紙は当初、この事件に不審な点はなく警察の監視対象にはならなかったと報じたが、実際には夫ソラージ(Sooraj、27)が猛毒のコブラを使って就寝中のウトラさんを殺害したのだ。

ソラージと彼の両親はウトラさんの葬儀を急ぎ、さらにソラージは妻の財産を管理しようとしたため、不審に思ったウトラさんの父ビジェイセナンさん(Vijaysenan)はアンチャル警察署に「娘の死に事件性があったのではないか」と訴えた。

ビジェイセナンさんは当時のことについてこう語っている。

「ウトラが亡くなる前日、夕食後に娘はソラージと一緒に寝ていました。翌朝になって妻がウトラを起こしに行くと、意識を失っていたんです。病院に搬送された後に亡くなってしまって…体が青くなっていたので死因はヘビに噛まれたのだろうと。その後、息子のヴィシュヌ(Vishnu)がウトラの部屋でコブラを見つけ、それを殺しました。」

「ウトラの部屋はエアコンがあり、窓を開けることもありません。なので外からヘビが侵入するはずがない。妻によると、いつもは遅くまで寝ているソラージがその日に限って早起きしていたそうです。娘からは以前『ソラージは毒ヘビに詳しい』と聞いていました。」

そのことを受けて捜査を開始した警察は昨年5月23日、

1 2