海外発!Breaking News

writer : ac

【海外発!Breaking News】泣いている赤ちゃんを大好きなおもちゃで慰める犬<動画あり>

飼い主に赤ちゃんが誕生すると、これまで自分だけに愛情が注がれていた犬は嫉妬することがあると言われるが、ある夫妻が飼っているオスのドーベルマン・ピンシャーは、まるで兄のように赤ちゃんを気遣うようになったという。心温まるニュースを『The Dodo』などが伝えている。

ニック・エリオットさん(Nick Elliott)と妻ヘイリーさん(Hayley)は7月初め、生まれて間もない娘メイシーちゃん(Macie)を飼い犬のドーベルマン・ピンシャー“トミー(Tommy、2)”に紹介した。

ニックさんは「退院した日、まず僕と妻でトミーに挨拶した後、メイシーが着ていた服の匂いを嗅がせてから『優しくね』と伝えたんだ。そしてメイシーに会わせると、トミーはすぐに娘を受け入れた。もともと好奇心旺盛で穏やかな性格だからね。トミーは『いつも一緒にいたかったのに』とでも言うようにそばにいて、それでいてメイシーに触れることはしなかったね」と当時を振り返り、こう続けた。

「トミーはそれまでも何度か、家族や友達、赤ちゃんや子供たちと一緒に過ごしたことがあってね。そんな時は静かに寝そべって撫でられてもじっとしているんだ。いつも優しくて慎重なんだよ。きっと生まれながらの本能なのだろうね。だからメイシーに対しても同じように接してくれると期待していたんだ。」

「ただ最初の数日間は、メイシーが泣くと少しだけ悲しそうな鳴き声をあげていた。それでもメイシーが出す音や匂いに慣れてくると動じなくなってね。次第にベッドにいる娘の様子を定期的に確認し、娘が大丈夫なら尻尾を振るようになったんだ。」

そうして約3週間が経った7月26日のこと、

1 2