海外発!Breaking News

writer : tinsight-katoyukie

【海外発!Breaking News】スタバのカップに書かれた言葉にイスラム教徒の女性激怒「宗教的差別を受けた」(米)<動画あり>

多民族国家のアメリカでは人種や宗教的差別がたびたび問題となっており、最近では黒人への暴力に抗議するデモ「ブラック・ライヴズ・マター」が記憶に新しい。そんな中、米ミネソタ州のスターバックスではイスラム教徒の女性がバリスタから宗教的差別を受けたとして同従業員と店舗責任者の解雇を求める訴えを起こした。『Washington Post』『Mirror』などが伝えている。

7月1日、米ミネソタ州セントポールにある大手スーパーマーケット「ターゲット(Target)」内のスターバックスでアイスコーヒーを購入したアイシャさん(Aishah、19)は、カップに記載された自分の名前を見て愕然とした。受け取ったコーヒーの名前欄には「ISIS」と書かれていたのである。これはイスラム過激派組織として知られ、イスラム国とも呼ばれるテロリスト集団のことだ。

アイシャさんはすぐさま注文を受けた従業員に詰め寄ったが、「名前が正しく聞き取れなかっただけ」と言われ、さらにアイシャさんが「店舗責任者と話をしたい」と伝えると「過剰に反応しすぎ」と非難されたという。話を聞きつけた店舗責任者は「お客様の名前を間違えてしまうことはたまにあるんですよ」とアイシャさんに新しいコーヒーと25ドル(約2600円)のギフトカードを手渡し、退店を促したそうだ。

しかしアイシャさんは「注文時に私は2回も、はっきりと名前を告げたのよ」「従業員がISISと聞き間違えるなんて絶対ありえないわ! ましてやアイシャなんて珍しくもなんともない名前なのよ!」と主張しており、従業員はアイシャさんがヒジャブ(イスラム教徒の女性が頭や身体を覆う布)をまとっていたことから故意に差別的用語を使ったと見ている。

今回の出来事を受けて、

1 2