海外発!Breaking News

writer : ac

【海外発!Breaking News】致死率98%「脳を食べる殺人アメーバ」 川で感染した10歳少女が死亡(米)

発症すると致死率が98%と非常に高いことから‟殺人アメーバ”と呼ばれる感染症「原発性アメーバ性髄膜脳炎(PAM)」に罹り、米テキサス州の小学5年生(10歳)の少女が死亡していたことが明らかになった。少女は風邪に似た症状が現れる1週間ほど前に川で泳いでいたことが分かっており、遺族は「娘の死を無駄にしないためにも、より多くの人にPAMやその予防法について知ってもらいたい」とFacebookで訴えている。

テキサス州ボスキー郡在住のリリー・メイ・アヴァンちゃん(Lily Mae Avant、10)が、アメーバによる感染症「原発性アメーバ性髄膜脳炎(PAM)」により亡くなっていたことが16日、遺族が立ち上げたFacebookによって明らかにされた。地元メディア『NBC DFW』によると、リリーちゃんは9月2日のレイバー・デー(Labor Day)の連休に、同州中部マクレナン郡ウェーコに近いブラゾス川で泳ぎ、8日に頭痛や発熱を訴えて医師に鎮痛剤を処方されていた。

10日の朝、目を開けているだけで何の反応も示さなくなったリリーちゃんは地元の救命センターに搬送された後、空路で同州フォートワースにあるクック・チルドレンズ・メディカル・センターに移動した。リリーちゃんの脳は酷く腫れており、検査の結果PAMの感染が判明した。医師らは脳の腫れを抑えるため、リリーちゃんを薬による昏睡状態において治療を続けていたが、意識が回復することはなかった。

PAMは川や湖、池などの比較的温かい淡水に生息する‟フォーラーネグレリア”というアメーバが、人の鼻から侵入して脳に寄生する。感染することは稀だが、感染すると1~9日(中央値は5日)ほどで脳を溶かし、