海外発!Breaking News

writer : tinsight-suzukoellis

【海外発!Breaking News】誕生後すぐに生き埋めにされた赤ちゃん、8時間後に救出(ブラジル)

このほどブラジルから、生後間もなく生き埋めにされた赤ちゃんが救出されるというショッキングなニュースが飛び込んで来た。8時間も土の中に埋められていた赤ちゃんは、土を掘り起こした警察官の前で小さな泣き声をあげ、まだ命があることに警察官も驚いたという。『Mirror』『Metro』などが伝えている。

6月5日の午後、ブラジル中西部にあるマットグロッソ州カナラナでブラジル先住民の少女(15歳)が自宅浴室で女児を出産した。陣痛が始まった時に少女はひとりだったようで、あっという間に産まれた女児は浴室の床に落ち頭を打ちつけてしまったという。誕生後すぐに泣き声をあげなかったことからも、曾祖母(57歳)は赤ちゃんが死んだと思い裏庭の土の中に埋めた。

しかしこの一家が赤ちゃんの死亡届を出さなかったことから近隣住民が警察に通報、同日午後10時頃に警察官が少女の自宅を訪れた。女児が誕生してから8時間も経っており、警察官は埋められた女児がすでに亡くなっていると疑わなかった。2人の警察官が暗闇の中、懐中電灯の明かりだけを頼りに女児が埋められたとされる場所を素手で掘り起こしていくと、深さ50cmに達したところで女児の頭部が見えた。慎重に女児を引き上げようとした時、かすかな泣き声をあげた女児に驚いた警察官は「生きているぞ! 救急車を呼んでくれ!」と叫んだという。

救急隊員は土にまみれた姿で救出された女児の気道を確保した後に酸素吸入し、