海外発!Breaking News

writer : tinsight-suzukoellis

【海外発!Breaking News】性的暴行を受け妊娠した14歳少女、出産中に死亡(パラグアイ)

カトリックの概念を重視し中絶は違法としている南米パラグアイで、性的暴行を受け妊娠した14歳少女がこのほど出産時に死亡した。誕生した男児は、現在も病院で人工呼吸器を装着されているという。『The Independent』『The Guardian』『9News』などが伝えている。

パラグアイのイタウグアにある国営病院で、性的暴行を受け妊娠した14歳少女(名前は明かされず)が出産中に、血塊により血管が塞がれ血流が遮断される塞栓症で3度の心停止を起こした後に死亡した。4,800グラムで誕生した男児は命が助かったものの、人工呼吸器を装着されて入院している。通常、4,500グラム以上の胎児は合併症のリスクが大きいとされているが、病院理事のハーナン・マーティネズ医師は「少女の体は妊娠する準備が整っていなかった」と述べた。

同医師によると、少女は14歳という低年齢での出産によるリスクを考慮し、陣痛の20日前から入院していたという。医師らは自然分娩を予定していたが、少女が呼吸器合併症を起こしたため帝王切開に切り替えている。心停止を起こした少女に蘇生処置を試みたが、命を救うことは叶わなかった。

「National Secretariat for Children and Adolescents(小児と青少年のための国家事務局)」の局長を務めるリカルド・ゴンザレズ=ボーニュさんは3月22日、この少女に性的暴行を働いた37歳の男が逮捕されたことを明らかにした。

パラグアイでは母体が命の危険に曝されていることが証明されない限り、中絶は違法とされている。特に2015年、継父に性的暴行を受け妊娠した10歳少女の中絶を政府当局が認めなかったことから、この国での厳格な中絶禁止体制が世界で注目を浴びていた。11歳で出産したこの少女は幸いにも命を落とすことはなかったが、