エンタがビタミン

writer : sekihara

【エンタがビタミン♪】横浜流星の絶賛“MV風”動画、撮影風景に仰天「スマホだったんかい!」

今年1月期の深田恭子主演連続ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)で、髪をピンクに染めた高校生“ユリユリ”こと由利匡平を演じ注目を集め、ブレイクした俳優・横浜流星(22)。現在は2クール続くノンストップ・ミステリードラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)の第2章「反撃編」に出演中だが、番組公式インスタグラムではMVとしても遜色のない横浜出演の完成度の高い動画が公開されている。後日その撮影風景も投稿されたが、横浜がスマートフォンを持ったスタッフにぐるりと囲まれている様子に驚くファンが相次いでいる。

『あな番』第2章から流れている新主題歌『会いたいよ』を歌っているのが誰か未公表のまま、まるで「歌っているのは自分だ」と主張するかのように、男性キャストが次々に曲に合わせて熱唱する口パク動画がこれまでインスタグラムに公開されてきた。結局おおかたの予想通り、田中圭扮する主人公「手塚翔太」が歌っていることが7月6日に公表されたのだが、公表前に5人目の口パク動画として披露された横浜流星の動画が秀逸だったのだ。

留置場のような場所の床にラフに座り、歌詞の通り、愛する人に会いたい思いを情感たっぷりに切ない表情で釘付けにする横浜。動きと言えば時折手を動かすぐらいだが、いくつもの角度から横浜を魅力的に捉え、短いながらもMVと言われれば疑わないほどの出来栄えだ。この動画は「流星君だけMVみたい カッコ良すぎます~」「歌は翔太くんやけどそのMVはもうこれでいきましょ!」「すごいMVですね 圭さん、もー流星くんにあげてください」などとコメント欄でも絶賛されている。

「流星くん最高 スタッフさん、素晴らしすぎるMVありがとうございます~」というコメントもあったが、