エンタがビタミン

writer : miyabi

【エンタがビタミン♪】加藤浩次の発言に『スッキリ』は「乗っ取られた」 木村太郎氏が厳しく糾弾

闇営業をめぐる一連の問題で吉本興業の大崎洋会長、岡本昭彦社長を批判し「2人が辞任しないならば自分が退社する」と22日、MCを務める日本テレビ系情報番組『スッキリ』で宣言した加藤浩次(極楽とんぼ)。この発言について、フリージャーナリストの木村太郎氏は「テレビ番組のMCとして問題がある」と苦言を呈している。

現在の『スッキリ』MCは吉本興業所属の加藤浩次近藤春菜(ハリセンボン)日本テレビ・水卜麻美アナの三人体制だ。各曜日には3~4人のコメンテーターを招き、ニュースや芸能情報など幅広く伝えている。同時間帯のワイドショー・情報番組では、昨年まで2年連続でテレビ朝日系の『羽鳥慎一モーニングショー』が年間視聴率民放トップであり(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、『スッキリ』はフジテレビ系『とくダネ!』と2~3位争いをしているのが現状だ。

26日のフジテレビ系『直撃LIVE グッディ!』では“加藤の乱”と題して、これまでの経緯を詳しく説明した。同日放送の『スッキリ』内で「僕が発言して事が大きくなっていることにおわびと謝罪をしたい」と加藤が陳謝するなど一気にトーンダウンしていることや、25日深夜放送のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』で『めちゃ×2イケてるッ!』で加藤と長年共演し、戦友でもある岡村隆史(ナインティナイン)が「辞めると言っても絶対に辞めさせません」と訴えたことなどを紹介していた。

この日の『グッディ!』にコメンテーターとして出演した木村太郎氏は、