海外発!Breaking News

writer : tinsight-masumi

【海外発!Breaking News】事故で昏睡状態の母親 27年ぶりに意識が戻り息子の名を呼ぶ(UAE)

このほどアラブ首長国連邦で、女性が植物状態になってから27年ぶりに意識を取り戻したことが話題となっている。自動車事故で息子をかばった代わりに昏睡状態になってしまった女性について、彼女の息子は「いつか目覚めると信じていた」という。『New York Post』『The Sun』などが伝えた。

人々に「奇跡の女性」と呼ばれるムニラ・アブドゥラさん(Munira Abdulla)は1991年のある日、当時4歳の息子オマル・ウェベアーさん(Omar Webair)を学校へ迎えに行った際に大きな事故に遭い植物状態になってしまった。

当時、ムニラさんの義理の兄弟が運転する車に下校してきたオマルさんを乗せて、アル・アインの自宅に戻ろうとした。しかし、ムニラさん達が乗った車とスクールバスが衝突事故を起こしてしまったのだ。

後部座席に座っていたムニラさんは、隣にいたオマルさんを咄嗟にかばうように抱き抱えた。当時は誰も携帯電話を持っていなかったため救急車を呼ぶことができず、ムニラさん達が病院に搬送された時には数時間が経っていた。

オマルさんはムニラさんが守ってくれたこともあって頭部打撲で済んだが、ムニラさんは頭を強く打ったため脳に大きな損傷を受け昏睡状態に陥ってしまった。後に搬送された病院の勧めで設備の整ったロンドンの病院にムニラさんは移された。そこでは痛みだけを感じることができる植物状態と診断された。当時32歳だったムニラさんは、それから27年間もベッドの上で過ごすことを余儀なくされた。

後にムニラさんは地元のアル・アインの病院へ転院し、筋肉の収縮による悪化を防ぐため理学療法を受け、