海外発!Breaking News

writer : ac

【海外発!Breaking News】30分間洗濯されたネコ 骨折もなく元気に復活(豪)

幼児が遊んでいるうちに洗濯機に閉じ込められる事故は後を絶たないが、このほどオーストラリアのタスマニア島から生後6か月のネコのサバイバルなストーリーが舞い込んできた。このネコはなんと洗濯機の中で30分間も洗濯されていたという。『Inside Edition』などが伝えている。

先月29日(金)の夜、タスマニア州北部ローンセストンに住むキム・バーさんは、ペットのネコ“ポピィ”の姿が見えないことに気が付いた。キムさんはちょうど2回目の洗濯を始めたところだったが、就寝時だったこともありポピィはすでに家族の誰かと一緒に眠ってしまったのかと思っていた。しかし家中を探しても見つからず、ポピィが大好きなビスケットを置いて名前を呼んでも何の反応もない。

キムさんはハッとして「もしかしたら」と思い、洗濯機を止めて全ての衣類を取り出してみた。すると、そこにはびしょ濡れのポピィがびくともせずに横たわっていた。脱水はこれからというところだったが、すでに洗濯機を回してから30分が経過していた。キムさんは当時のことをこのように振り返っている。

「最初にポピィを見た時は、首が折れて死んでいるかのように見えたのです。私の子供たちはヒステリックになり、パニック状態でした。もう診療が終わっている時間でしたが獣医に相談し、タオルでそっとポピィを包んでアニマル・メディカル・センターに連れて行きました。」

「洗濯機の扉は前方についているので、1回目の洗濯物を出して2回目の洗濯物を入れた時に、ポピィは自分で洗濯機の中に飛び込んだのでしょう。ポピィは全身ずぶぬれでしたが、わずかに息をしているのがわかりました。」

夜間にポピィを診察したベテラン獣医のティム・ローズさんは、