海外発!Breaking News

writer : tinsight-masumi

【海外発!Breaking News】脳が2%しかない状態で生まれた男児、80%まで成長し幸せに暮らす(英)<動画あり>

妊娠中の女性であれば、幸せを感じながらお腹の赤ちゃんの誕生を待ち切れない日々を過ごすことであろう。しかし中には胎児の健康に致命的な欠損があると判明し、泣く泣く出産を諦めた女性もいる。ところがこのほどイギリスで、脳が僅か2パーセントの状態だと知りつつも出産に臨み、生まれた我が子と幸せに暮らす家族の話題が届いた。『The Sun』『New York Post』などが伝えている。

英北西端に位置するカウンティであるカンブリアに住む6歳のノア・ウォール君(Noah Wall)は、父親のロブさん(Rob)と母親のシェリーさん(Shelley)とともに英情報番組『Good Morning Britain』に出演した。この幸せそうな家族がたどって来た過去に、多くの視聴者が関心を寄せた。

実はノア君がまだシェリーさんのお腹にいた頃、脳が2パーセントしかなく無脳ともいえる状態で、さらに二分脊椎症による脊髄骨が形成不全のため、医師からは出産しても存命することが難しいと言われていたのだ。

そのため当時、医師らから5回ほど中絶を勧められたという。しかしウォール夫妻は、子を授かる年齢にしては多少高齢だったこともあり、中絶には踏み切れなかったという。父親のロブさんは、当時を振り返り「私達はもう若くないので、自分達の決断はすでに決まっていました。私達はノアに命のチャンスを授けたいと思ったのです」と明かした。

そして出産の時、夫婦は「もし心臓が止まっていた状態で生まれた時は蘇生はしない」と決心し、6年前の11月11日午前11時にノア君を出産した。この時、医師から「重度の精神障害を持っており、話す、見る、聞く、または命を繋ぐのに重要な食べるという行為もできず、二分脊椎症により長くは生きられない」と告げられた。

当時はほとんどの医師が、ノア君の脳が発達することは無いと決定づけていたようだ。しかしノア君の僅か2パーセントの脳が今後は発達することに賭けて、