海外発!Breaking News

writer : tinsight-suzukoellis

【海外発!Breaking News】悪名高きイビザ島の空港 手荷物係員が慣れた手つきで乗客の所持品盗む

空港で預けたスーツケースやその他の荷物が空港職員に盗まれるというニュースはこれまで各地で報じられているが、このほど地中海に浮かぶイビサ島で、乗客のスーツケースを開けて所持品を盗んだ地上空港職員の窃盗行為を、他の乗客が動画に捉えた。現地メディア『Diario de Ibiza』をはじめ『Mirror』などが伝えている。

9月14日の朝、アイルランドの格安航空会社「ライアンエアー」でイビサ島からスペインのマドリードへ向かう乗客が、乗客のスーツケースから物を盗む手荷物係員の姿をカメラに捉えた。

地上空港職員のその男は、機内に運び入れる予定でカートに載せられた乗客のスーツケースのファスナーを開け、中に手を差し入れて赤い小型のスピーカーを抜き取り、素早く自分の左ズボンのポケットに入れた。職員の窃盗行為を目撃した乗客が客室乗務員に知らせると、すぐさま警察に通報された。その後、スピーカーは本来のスーツケースの持ち主である10代少年に返された。

少年は母親とマドリードへ向かう予定であり、少年にスピーカーを買い与えた母親は今回の件について「警察が、盗みを働いた男は空港で働いてまだ3日目だと言っていた。息子のスピーカーはすぐに返してもらった。誕生日に買ってあげたものなので、戻ってきて本当に良かった」と話している。

現地メディア『Diario de Ibiza』によると、

1 2