海外発!Breaking News

writer : tinsight-suzukoellis

【海外発!Breaking News】砂漠地帯の粗末な小屋で生活していた子供達 両親が虐待容疑で逮捕(米)

今年初めに米カリフォルニア州ぺリスで起きた、成人を含む我が子13人を監禁・虐待していた夫婦のニュースが全米中に衝撃を与えたことは記憶に新しいが、このほど同じくカリフォルニア州の吹き曝しの砂漠地帯で3人の我が子をベニヤ板でできた粗末な小屋に住まわせていた夫婦が、児童虐待の容疑で逮捕された。しかし一家を知る人々からは同情の声もあがっているという。『Los Angeles Times』『FOX6Now.com』『CBS Los Angeles』『Metro』など複数メディアが伝えている。

カリフォルニア州ジョシュア・ツリー国立公園郊外にある砂漠地帯で、廃棄された様子のキャンピングカーと小屋のようなものが同州サンバーナディーノ郡警察により発見された。驚くべきことにこの小屋の中には11歳、13歳、14歳の3人の子供が住んでいた。

子供の両親とされるダニエル・パニーコ(73歳)とモナ・カーク(51歳)は、4年前にキャンピングカーで3人の子供を連れてこの砂漠地帯にやって来て暮らしていたようだ。しかし、“生活”と称するにはあまりにも不適切な環境であった。

3人の子と母親の住居となっていた縦約305cm、横約610cm、高さ約122cmの空間は、ビニールシートとベニヤ板を繋ぎ合わせて作っただけの粗末なものだった。中には毛布が敷き詰められており、複数の椅子が今にも崩れ落ちそうな天井をかろうじて支えていた。外にあるキッチンのような場所には、缶詰の空き缶や空のボトルが大量に転がっていたが、一家には十分な食料品がなかったとも見られている。また、“住居”の周りには子供の玩具や自転車、本、家具らしきものが無数に散らばっており、まるでゴミ集積場のような雰囲気である。さらにこの敷地内には、一家が排泄用にと掘られた複数の穴もあった。

水道や電気、トイレやお風呂の設備さえないこのような状況はまさしくホームレスであるが、父親のダニエルだけは猫が30匹~40匹いるキャンピングカーの中で寝泊まりしていたようだ。

警察の調べでは、子供たちは学校に通っておらず、この荒れた生活環境の中でホームスクーリングを受けた形跡はなかったという。3人とも目立った外傷はなく栄養失調の様子もなかったものの、