海外発!Breaking News

writer : tinsight-suzukoellis

【海外発!Breaking News】薬局が2歳児に毒薬を処方 ミスに気付いた母親は驚愕(英)

薬局で薬を処方された時には必ず自分の目で確認する必要があることを実感せずにはいられないニュースが、イギリスから届いた。便秘がちな2歳の娘に処方された薬のうち、1本は飲めば命に関わる毒薬だったのである。英メディア『real fix』『The Sun』『Mirror』などが伝えた。

エセックス州ブライトリングシーに住むエミリー・ニューラヴさん(22歳)は、大手チェーンドラッグストア「Boots(ブーツ)」へ娘グレースちゃん(2歳)の薬を受け取りに行き、驚愕した。

グレースちゃんは生後3週あたりから便秘に悩まされており、これまでエミリーさんはコルチェスター総合病院で医師の診察を受けさせ、また複数の治療薬や自然治癒薬を飲ませるなど、グレースちゃんの便秘が少しでも改善されるようにと手を尽くしてきた。

そんなグレースちゃんは今年1月末から薬用流動パラフィンを日常的に飲んでおり、エミリーさんは薬を切らしてはならないと地元のBootsへ電話して2本注文した。地元の店で薬を入手しにくいことが時折あったからだ。

電話で会計の女性スタッフに薬を注文したエミリーさんはその後、間違いなく2本入手したという連絡を受けて薬を取りに出向いた。薬をバッグに入れて帰宅し2本のボトルを改めて見たところ、