イタすぎるセレブ達

writer : kohara

【イタすぎるセレブ達】『大草原の小さな家』の“ローラ” オリバー・ストーン監督のセクハラ行為を暴露

ハリウッドの裏側で、女優・俳優・子役・女性スタッフらへの最悪なセクハラ、さらには強姦まで長年当たり前のように起きていたことが今になって発覚する中、ドラマ『大草原の小さな家』で主人公ローラ役を演じ日本でもお馴染みになった女優メリッサ・ギルバート(53)が、映画監督オリバー・ストーン(71)から過去に「酷い目にあった」と衝撃的な告白し、大騒動となっている。

ハリウッドにおけるセクハラが大問題になる中、女優メリッサ・ギルバートがラジオ番組に出演し、『JFK』『プラトーン』など素晴らしい作品でメガホンをとった人気映画監督オリバー・ストーンの映画『ドアーズ』のオーディションを受けた経験を明かした。重要なキャラクター「パメラ・コーソン」の役を狙っていたというが、この際ストーン監督は故意にメリッサに不愉快極まりない思いをさせたという。

この話題で監督の名は伏せたかったというメリッサだが、話が進むにつれ徐々に当時の状況を暴露。このように説明を続けた。

「もっと権力のある人達がその場にいたわ。そのうちのひとりが、オーディションの途中に私に屈辱的な思いをさせたの。そんな必要はなかったというのに。でもその前に私は彼に恥をかかせたことがあった。だから彼は、恨みを晴らしたわけ。私は泣きながら部屋から走って出て行ったわ。こうして話していながらも、彼の名を言うのが怖い。」

しかしその後「監督は挑発的なやり方をしたのですか」と問われ、メリッサはこう答えている。

「ええ。(脚本の)あるシーンを読まされたの。オーディションを受け、その後にこう言われたのよ。『君のために特別なシーンを書きくわえた。それを俳優と一緒に演じてみてほしい。2人の相性を確認したいんだ』って。」
「私のキャラクターは、両手足を床につけて『ベイビー、やってちょうだい』って言わなきゃならなかった。本当にいやらしくて、最悪だった。でも彼はこう言ったの。『さあ、演じてみせてほしい』って。」