海外発!Breaking News

writer : tinsight-suzukoellis

【海外発!Breaking News】飼育放棄された犬を緊急トリミング トリマーも大変身した姿に涙(米)

米フロリダ州にあるペット美容室が、このほど1匹の犬の命を救った。美容室オーナー兼トリマーの緊急トリミングにより犬は大変身を遂げ、現在は一時預かりの里親のもとで元気に暮らしているという。海外動物専門サイト『The Dodo』や『Inside Edition』『Metro』などが伝えた。

10月11日の深夜、フロリダ州セミノール郡オビエドでペット美容室「BGE Grooming」を経営するトリマーのカーリー・ファリャさんは、仕事を終えくつろいでいる時にFacebookである投稿を目にした。

迷い犬のアカウントに投稿された内容は、1匹の犬が混雑した路上脇で彷徨っており今にも車に轢かれそうな状態だったため保護されたが、保護した人物はその夜は犬の面倒を見ることができず他に預かってくれる人物を探しているというものだった。カーリーさんは投稿されていた写真から、犬が命に関わる酷い状態であることを知った。

「もう何年も飼育放棄されていたのだと察しました。真夜中で営業時間は終了していましたが、投稿を見てすぐに『直ちにヘルプが必要』と思い、発見者に連絡して『無料でトリミングするのでサロンへ連れて来てほしい』と頼みました。」

カーリーさんの連絡を受けて連れて来られた犬は、カーリーさん曰く「これまで見たこともないほどの状態」だったという。犬の毛は汚れで絡まり、長いリーシュも汚れて皮膚に埋め込まれていたようだ。ノミ感染を起こし歩くこともできず排泄も不可能な状態で、絡まった毛が重くなり血流を止め痣を作っていた。しかも犬からは「死んだような臭い」が漂っていたそうだ。

普段のトリミングには1時間半を要するが、この犬のトリミングには3時間かかり、終了したのは午前3時だった。汚れて重く絡まった毛が全てカットされ、綺麗に体を洗ってもらった犬は見違えるように変身した。

“ラッキー”と名付けられた犬は、その後獣医院で診察を受けたが、盲目で耳が聞こえないことがわかった。去勢手術も終え、現在は一時預かりの里親に引き取られているという。ラッキー(4歳)はマイクロチップを着けておらず、いまだ飼い主は特定できていない。しかし、心身ともに大きな変化を遂げたラッキーにカーリーさんは喜びを露わにしている。