イタすぎるセレブ達

writer : kohara

【イタすぎるセレブ達】マイリー・サイラス 過激PVが話題になったあのヒット曲を後悔

しばらく荒れた時期が続き、音楽やPV、またショーや衣装が過激すぎるとして物議を醸したマイリー・サイラス。なかでもヒット曲『Wrecking Ball』(2013年)のPVは性的に露骨で、マイリーが全裸で鉄球にまたがる姿は人々にショックを与えた。その曲につき、ずいぶん更生し落ち着いている今のマイリーはどう思っているのか。

俳優リアム・ヘムズワースとの関係修復を経て、マリファナを断ちクリーンな生活をしているというマイリー・サイラス。そのマイリーがこのほど『Zach Sang Show』に出演し、「捨ててしまいたい曲は?」 との問いにこう答えた。

「そうね…それは『Wrecking Ball』でしょうね。」

その理由は曲そのものよりPVにあるらしく、マイリーはこう説明を続けている。

「でも始末なんてできない。素っ裸で鉄球に乗って揺れてる。あの映像が永久に残るから。」
「これからも、玉に乗った裸の女ってわけ。」
「ちゃんと自分で考えておくべきだった。どれほど長くあの印象がついて回るのかをね。」
「あの曲が自分の葬儀で流される…それが私にとって最低の悪夢よ。そして『マイリーをずっと忘れません』『素晴らしい人でした』なんて言われるのもね。」