エンタがビタミン

writer : maki

【エンタがビタミン♪】国生さゆり “ギターの神様”エリック・クラプトンと「握手しちゃったー」

日本でも「ギターの神様」と呼ばれ「3大ギタリスト」に数えられる人気ミュージシャンのエリック・クラプトンが、日本武道館で2年ぶりの来日公演を行った。その空間を共有した国生さゆりがツイッターで「クラプトンさんと握手しちゃったーー!」と歓喜して、「それじゃ、一生手を洗えないじゃないですか」とファンを羨ましがらせている。

エリック・クラプトンは現在71歳となるが、そのバイタリティは年齢を感じさせない。アラフィフ世代となる国生さゆりも世界的スターを前にすると気分はおニャン子クラブ時代に返るらしい。4月13日に『国生さゆり(sayuri5940)ツイッター』で“ERIC CLAPTON 日本武道館”のチケットを公開して「握手しちゃったーー!」と叫ぶようにツイートした。

「いーなー 羨ましい」「えー凄いですね一生の想い出に!」と反響があるなか、「一緒に行きたかったー♪ blueeyesblue♪聴きたくなるー」とのコメントに彼女が「音が一つ一つ光っていたよー、人生の深みを感じたよ。磨かなくっちゃと思ったよ。アディダスジャージもかっこ良かった」と返している。行くことが出来なかったクラプトンファンが悔しがりそうなほど堪能したようだ。

エリック・クラプトンは2014年にも武道館公演を開催しており、観覧したローラが感想をつぶやいていた。彼女は中学生の時にハマっていたという。クラプトンが2015年3月30日で70歳となるのを機にワールドツアーを引退すると言われていたが、今年もこうして来日してくれた。ポール・マッカートニーやローリング・ストーンズ同様に彼もまだまだ頑張ってくれるだろう。

出典:https://twitter.com/sayuri5940
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)