エンタがビタミン

writer : maki

【エンタがビタミン♪】『ラヴソング』喫煙シーンに賛否 “表現の自由”めぐる議論高まるなか世間の反応は?

スタジオジブリのアニメ映画『風立ちぬ』(2013年)で喫煙場面についてNPO法人・日本禁煙学会が苦言を呈し、観覧者の意見も賛否が分かれた。内容はタバコを吸うカットが多いというものや、そのタイミングで吸うのは許せないというものまで様々だ。この議論をきっかけに日本でも作品の喫煙シーンに神経を尖らせるようになったかに感じる。

2015年に公開された映画『劇場版 MOZU』で喫煙シーンが取り沙汰された際には、出演者の伊勢谷友介がツイッターで、「タバコは作品に登場するキャラクターの小道具であり、小道具を責めるのはお門違いだ」という趣旨をつぶやいた。また、彼は世界保健機関(WHO)が喫煙シーンのある作品を“成人向け”指定とするよう各国政府に勧告した件について、喫煙に限らず血が出るのもNGという場合もあり「時代劇で人が切られても血が出ないなんて」と懸念した。

喫煙シーンについてはそうした流れが起きているなか、4月11日に放送されたフジテレビ系の月9ドラマ『ラヴソング』ではヒロイン・佐野さくら(藤原さくら)や職場の同僚・女性3人組が休憩時間に喫煙するシーンが複数回見られた。3人組の1人・奈々子を演じる納富有沙は第1話放送後に、『納富有沙(noutomi_arisa)ツイッター』にて「ラヴソング…感動した…」という感想とともに「奈々子は煙草吸うし、サバサバしてるし、ちょっと難しい性格の子ですが笑、彼女も劇中で成長してくれるといいな」とつぶやいている。それに対して「タバコは鼻から煙を出さんと。次は葉巻やな(笑)」「煙草はいけませんなぁ…成長、成長っと! 期待してます」などのコメントがあり、“小道具”として受け入れているようだ。

ドラマでの喫煙シーンについては、ネットの書き込みやツイッターで「藤原さくらちゃんがなんでたばこ吸うのかな? ぼくとしては、吸って欲しくない…」「喫煙シーンはマジでいらない」などの感想がある一方で、「青少年の喫煙を助長するとかいうくだらない理由で喫煙シーンを避けている現代の風潮にドロップキックしてくれたことは評価したい」という意見も見受けられる。

ケースは違うが、カップヌードルの新CMが矢口真里の登場シーンに対して「自虐ネタだが笑えない」など多数の苦情が寄せられたことを理由に放送中止となった。この件について4月11日の『バイキング』(フジテレビ系)で取り上げると、MCの坂上忍は「エッジが効いたCMだなと思ったら、放送中止になっていた」と驚きを隠せず「もっと寛容さが欲しい」「テレビ番組を作りにくくなってしまう」と持論を述べていた。作る側としては“表現の自由”が少しずつ失われているのを感じるのだろう。

出典:https://www.instagram.com/getsu9_lovesong
出典:https://twitter.com/noutomi_arisa
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)