エンタがビタミン

writer : miyabi

【エンタがビタミン♪】北斗晶、半年ぶりの家族旅行へ 愛犬も一緒に宿泊

乳がんで闘病中のタレント・北斗晶が、半年ぶりの家族旅行に出かけたことをブログで報告している。彼女は常々「趣味は海外旅行」と話しており、まとまった休みが取れると家族でよく出かけていたものだ。しかし術後すぐに抗がん剤治療が始まると、近場であっても宿泊を伴う旅行はできなかった。

北斗晶は右乳房全摘出手術を終えたばかりの2015年9月30日、『北斗晶オフィシャルブログ そこのけそこのけ鬼嫁が通る』で「私の家族旅行での1番の想い出になった“アメリカ・グランドサークル”。絶対にまた、ここに行く!」と誓いを立てていた。彼女はがんに対する恐怖や抗がん剤治療の副作用で眠れない夜は、家族で旅行した時の写真や海外の友人から送られた美しい風景の画像を見て、“元気になったらたくさん旅に出よう!”と大好きな旅行のことばかり考えて過ごしているという。

今回、6回目の抗がん剤治療が終わったところで医師の許可が下り、3月5日に家族で一泊旅行に出かけることができた。ブログによると「絶対に1番初めに行くのは…花も一緒に行かれるところって決めてた」ということで、家族と共に愛犬も一緒の旅行となったのだ。

夫・佐々木健介の運転で向かった旅館はアレルギーがある愛犬用の食事も用意され、一緒の布団で就寝できる宿だ。北斗は興奮してあまり眠れなかったというが、同じく目の冴えていた次男と愛犬が彼女のおしゃべりに付き合ってくれたらしい。

抗がん剤治療も残り2回となった北斗だが、その後に放射線治療、ホルモン療法が続くという。ブログ読者からは「抗がん剤治療後には遠出もできるようになる」と経験談が寄せられていたが、北斗は旅行のパンフレットで情報収集しながら前向きに日々を過ごしている。

出典:http://ameblo.jp/hokuto-akira
(TechinsightJapan編集部 みやび)