エンタがビタミン

writer : maki

【エンタがビタミン♪】篠田麻里子 マドンナ日本公演で大当たり「席が凄すぎて運使った」

篠田麻里子がマドンナのさいたまスーパーアリーナ公演を楽しんだ。彼女がInstagramでステージの光景を投稿しているが、その場所の良さに「え、関係者じゃないんですか? すごい!」とフォロワーも驚いた。

“クイーン・オブ・ポップ”マドンナの『レベル・ハート・ツアー』日本公演が2月13日と14日、さいたまスーパーアリーナで開催された。篠田麻里子は14日の追加公演に間に合った。14日の『篠田麻里子 maricollet3 Instagram』によると、撮影現場にバレンタインチョコを届けてから会場に向かったらしい。

1時間ほど遅れたが、ちょうどステージが始まるところで「ベストタイミング」しかも「当たった席が凄すぎて運使った」という。公開された1枚には目の前でマドンナが脚を組んで座り、ギターを弾き語る姿がある。「oh~! なに? 真ん前!?」「いやぁ~すげ~席だよ!!」「凄い席当たったな!」とフォロワーも興奮気味だ。

花道を練り歩くマドンナとダンサー(出典:https://www.instagram.com/maricollet3)

さらにはマドンナが『ライク・ア・ヴァージン』をノリノリで歌い踊る姿を動画撮影して「素敵素敵素敵」「人生で一生の宝」と感激すれば、マドンナとステージを盛り上げた男性ダンサーが微笑みかけるところを「カメラ目線ありがとうございます」と投稿した。ただ、彼女は胸のうちを「#めっちゃ笑顔で手を振ってたらニコってしてくれたマドンナ様 #私にだと思い込んでる」とタグで明かす。

10年ぶりのマドンナ日本公演は2月13日に予定時間より約2時間遅れてスタートした。14日について詳報は無いが、「1時間遅れたらちょうど始まった」という篠田麻里子はやはり運が良いのかもしれない。

出典:https://www.instagram.com/maricollet3
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)