【エンタがビタミン♪】【イタすぎるセレブ達】毎日更新中!Techinsightは海外セレブ、国内エンタメの”オンリーワン”をお届けするニュースサイトです。
Techinsight

【海外発!Breaking News】体半分失った魚、6か月生き延びる(タイ)<動画あり>

2016年01月05日 12:20 by A.C.

胴体の半分を失っていることから尾ヒレもなく、泳ぐこともできない魚。そんな状態で6か月も生きながらえた魚は“I-half”(私は半分)と名付けられ、地元タイのメディアもその生命力を讃えた。『rt.com』が伝えている。

“I-half”はGolden belly barb(腹部が金色のコイ科の魚)の一種で環境適応能力に優れ、他の魚に比べて生命力が極めて強いとされる。魚の中では長寿で平均寿命20年、汚れた水でも生きることができるそうだ。

タイのメディア『Matichon News』によると、I-halfはセメントで囲まれた池で養殖されていたが、池から勢いよくジャンプして飛び出した際に体の骨が砕け、体半分が腐ってしまったという。

水槽に入れられ市場で売られていたI-halfを、たまたま見つけたのがWatchara Choteさん。体半分でも必死で呼吸をしていたI-halfは、Choteさんが働く魚屋の水槽に落ち着いた。Choteさんはどうせ長くは生きられないと思いつつも、このコイにI-halfとニックネームをつけ、他の魚とは別の水槽で様子を見ることにした。

同メディアによるYouTube動画には、水槽の中で泳ごうとするI-halfの姿が収められている。前には進めないものの、この姿で6か月も生存したとは信じ難い。I-halfの噂はあっという間に広まり、Choteさんは地元メディアの注目を集めたほか、自身の店の集客にもつながったようである。

※ 画像はrt.comのスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 A.C.)


もっと読みたい:国際

こんな記事もおすすめ!

この記事を読んだ方におすすめです




もっと知りたい!

国際 , 海外

Pickup

新着ニュース




    セレブ独占禁止法!
    PR

    私はもう隠しません!!
    PR

    今すぐ癒しがほしいのよ!!
    PR