エンタがビタミン

writer : maki

【エンタがビタミン♪】平子理沙、ジャスティン・ビーバーに会えずカラオケで悲しみ発散。

ジャスティン・ビーバーがニューアルバムのプロモーションのために来日。音楽番組『ミュージックステーション』への出演やイベントを開催した。モデルの平子理沙も彼の来日を心待ちにした1人だ。彼女はブログで『Mステ』観覧に応募したことを明かし、カラオケで彼の楽曲を歌うところを公開している。

ジャスティン・ビーバーが12月4日、都内でニューアルバム『パーパス』の合同質問会を行った。平子理沙は12月3日から『平子理沙オフィシャルブログ「Candy talk」』で「ジャスティンはもう日本にいるのかな~!?」というほどそわそわしていた。彼が『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演した4日には、『Mステ』の観覧募集に落選した悲しみをカラオケで発散する姿を公開しており、『What Do You Mean?』をはじめ彼の楽曲を全て歌ったという。

さらには『パーパス』の国内盤購入者にジャスティン・ビーバーとの“ミート&グリート”が当たるキャンペーンにも落選してしまい、「『Never Say Never』のブルーレイでも見て会える日を楽しみに待ってよっと」と次のチャンスに期待を膨らませていた。

実は彼女、2013年10月7日にジャスティン・ビーバーがBelieve Tour 2013の日本公演をさいたまスーパーアリーナで開催した際に彼と会っている。「前回ジャスティンが来日した時の写真で~す」とその1枚を公開して「すごーい! どうやって会ったんですか」「めっちゃ羨ましいです」と反響を呼んでいる。

2011年にエアロスミスが来日した時にはスティーヴン・タイラーと東京ディズニーランドで遊んだこともある平子理沙だけに、ジャスティン・ビーバーと会えたとしても不思議ではない。それでも今回の来日では叶わなかったのだから、彼はかなりのハードスケジュールだったようだ。

※画像は『平子理沙 risa_hirako Instagram』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)