エンタがビタミン

writer : maki

【エンタがビタミン♪】佐藤藍子に「変わらない」の声。小川菜摘が白石美帆と3人のレアショット。

小川菜摘が白石美帆、佐藤藍子と仲良く並ぶ1枚をInstagramで公開して「美人3人様」とフォロワーを喜ばせている。なかでも「久々に佐藤藍子さん見ました」という人が多く、「変わらない」と懐かしんでいた。

今シーズンの昼ドラマ『別れたら好きな人』(東海テレビ制作・フジテレビ系)に主人公・木原二郎(ピース・綾部祐二)の姉・内田一子役で出演している小川菜摘が11月16日、『小川菜摘 natsumi1230 Instagram』で「白石美帆嬢、佐藤藍子嬢、可愛子ちゃん!」とスリーショットを投稿した。

白石美帆は同ドラマで二郎の前妻・根岸咲役、佐藤藍子は咲が銀行に勤めていた頃の元同僚・江沢志穂役で出演しており、実は“昼ドラ”トリオによるオフショットなのだ。

佐藤藍子は1992年に『第6回 全日本国民的美少女コンテスト』でグランプリを受賞して芸能界に入りドラマや映画で活躍すると、30歳の誕生日でもある2007年9月26日に入籍を発表する。女優は続けているが、以前ほどはバラエティ番組をはじめメディアで見かけなくなった。

以前から馬が好きで競馬場へ足を運ぶこともあった彼女は、乗馬クラブで知り合ったインストラクターの男性と結婚。現在は千葉の牧場で田舎暮らしを満喫しつつ、バランスよく芸能活動も続けている。

しばらく彼女を見なかった人は、小川菜摘が投稿したその姿に「佐藤藍子さん、変わらない」と感慨を覚えたようだ。さらに、この3人が一緒に納まる機会が少ないことを思えば貴重な1枚と言えるだろう。

※画像は『小川菜摘 natsumi1230 Instagram』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)