エンタがビタミン

writer : ume

【エンタがビタミン♪】秋元才加、目指すものは? “シックスパック”筋肉美の秘密を共演者が暴露。

超ロングヒットシリーズ牙狼<GARO>の10周年記念作品・劇場版『媚空-ビクウ-』が14日公開となり、新宿バルト9にて初日舞台挨拶が行われた。主人公“媚空”を演じた秋元才加、魔戒法師“紗夜”を演じた朝倉えりかが雨宮慶太総監督、スタントマンの大橋明と共に劇中衣装で登場した。

「秋元才加のお腹(肉体)を撮りたい」と雨宮総監督に言われ火がついた秋元才加。撮影の2か月前から週3でトレーニングをして体を鍛えたことを明かす。劇場版でメガホンをとった大橋からも「スタントマンでもあんなにお腹が割れている人はいないですよね」と驚きと称賛の言葉をかけられると、会場からは割れんばかりの拍手と笑いが送られた。

「自分の体なので(ずっと)見てきたので凄さが分からないんですけど」と、キリッとした表情を崩し大笑いした秋元。「皆さんに驚きと衝撃を与えられたのなら良かったなと思います」と話す秋元に盛大な拍手が送られると「こんなに腹筋で褒められることはなかったので良かったです」とさらに相好を崩した。

秋元才加の出来上がった体に太刀打ちできなかった 朝倉えりか

アクションに初挑戦だったという共演者の朝倉えりかは「相手が秋元さんということで本当に緊張した」と声を大にした。「こんな綺麗な女優さんに力いっぱいやってどうしようと思ったが、監督と秋元さんの全力でぶつかって大丈夫という言葉で思いっきりやらせて(蹴らせて)もらったら、(蹴った私が)痛くなって。体を凄い作ってこられたんだ」と秋元の出来上がった体を目の当たりにした驚きを語った。

また朝倉は、東京国際映画祭の時に「ロッキーさんのようにという話を聞き、現場でお弁当を食べながら持参した卵を食べていたのを見た時に“これはもしかして!”と思った。鶏のササミも食べていた」と食事にも気をつけていた秋元の様子を明かした。

「TVで出せなかった媚空の優しい顔が撮れて良かった」雨宮慶太総監督

雨宮総監督も「筋肉質の人と普段聞いたことのない筋肉の名前の話をしていたのが面白かった、女優さんなのに」と笑った。秋元才加の鍛えあげられた筋肉美は会場中を盛大な拍手と笑いに包み込んだ。
(TechinsightJapan編集部 斉藤智子)