エンタがビタミン

writer : mihorii

【エンタがビタミン♪】池田エライザ“エライザポーズ”実演「みんなの思い出の一部になれて嬉しい」

13日、東京・渋谷にて、『スマートモバイルコミュニケーションズ オフィシャルアンバサダー就任記念イベント』が行われ、モデルの池田エライザが登場した。

自分の片手で顎をつまみ唇を尖らせた“エライザポーズ”が女子中高生の間で流行し、“自撮りの神”と呼ばれている池田エライザは「どの角度で撮ったら良いのか研究しています」と話し「上から撮ると可愛らしく、下から撮ると大人っぽくなります」とアドバイス。“エライザポーズ”のやり方は「指を全部そろえて唇をアヒル口になるくらい押し上げて目はパッチリと開く」と実演した。

そんな“エライザポーズ”の発祥は「Twitterのアイコンを決める時に、キメ顔だと恥ずかしいなと思ってちょっとおとぼけでやってみたら、女子中高生が“可愛い! なんてポーズなんですか?”と真似をしてくれて流行り出したんです」と嬉しそうに話す。「ファンの子が修学旅行でみんなでこのポーズをしてる写真を送ってくれたりして、何年か後にこの写真を見て“これやったよね”とみんなの思い出の一部になれていることが嬉しい」と感激の様子だ。

“自撮りの神”と呼ばれている、池田エライザ

今や「ワンちゃんやおじいちゃん、海外の人からも“エライザポーズやりました!”とメッセージが来ます」と明かし、流行はや女子中高生のみならず他の世代にも広がっているようだ。

自撮りを日々研究していることを明かした、池田エライザ

また動画を見るのが好きな池田は「1日1~2時間は見ます」と話し、動画の見すぎで月々のスマホ代が「携帯料金が2万円を超えちゃうこともしばしば」と苦笑いした。
(TechinsightJapan編集部 木村美保)