エンタがビタミン

writer : maki

【エンタがビタミン♪】指原莉乃、好きなタイプは“上から目線”の人。

指原莉乃がバラエティ番組で俳優の高杉真宙が出演する恋愛ミニドラマを見て、「困る~」と身をよじりながら「上からっぽい男の子」に弱いと明かした。一方では合コンの話題で、共演した陣内智則の好きな女性のタイプを知り「やだ~、そういう男~」と引いてしまう。

指原莉乃と言えば男性のタイプを「口の堅い人」や「秘密を守る人」と答えて話題となったが、もちろん他にも好みはあるはずだ。彼女がゲスト出演した10月12日放送の『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系)でそれが明らかとなった。

まず彼女が嫌いなタイプだが、“合コンでサラダを取り分ける女性”が好きな男性には寒気すら覚えるようだ。合コンには行かないと言い切る指原莉乃は、友達から聞いた情報として「サラダを取り分ける女性がモテるので、合コンでは“サラダのトングを取り合う戦争”が行われる」と語る。

共演していた陣内智則は「でも、なんかいいよね…」とサラダを分けてくれる女性もまんざらではないようだ。指原が「やっぱ、そういう人が好きなんですか?」と確認したところ、「自然とできている子はいいよ」と陣内。指原は「やだ~、そういう男~」と両腕を組んで寒そうにドン引きしながら「だまされてます、女に」と陣内に忠告していた。

同番組では視聴者の体験談をもとに再現ミニドラマを放送するが、青春時代の恋愛体験を描いた“胸キュンスカッと”は人気企画の1つだ。今回は男子高校生役の高杉真宙が同級生で女友達役の久松郁実と演じた告白シーンに、指原が胸キュンしてしまう。

指原は「困る~っ、あんな風に告白されたら私困る~!」と顔を火照らせて「上からっぽい男の子、“おまえどうせ失恋女なんだから”とか…ありがとうございます」とトークにならないほど興奮していたが、どうやら上から目線の男子に弱いらしい。

また、月9ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ系)で主演する石原さとみと山下智久もゲスト出演しており、石原が山下の役どころについて「すごい上から目線ですから。指原さん好きだと思います」と振ったところ、指原は大照れして言葉も出なかった。

そんな彼女が10月13日には『指原莉乃(345__chan)ツイッター』で「あー、制服の下にパーカー着てる系男子と恋したかった…」とつぶやいている。

ただ、それは高校生時代を妄想した願望であり、現実には「年上が好きだし、そんなハラハラ心配になるような、好きな人のことでわざわざ泣くような恋愛はしたくない」と明かす。さらに、ファンから恋愛について質問されると、「ちゃらくなくて夜中に飲みに行かなくてある程度落ち着いてる人という条件が揃っていればもうなんでも」と答えている。

ツイートの内容と『スカッとジャパン』での発言を合わせると、指原莉乃のタイプは“好感度狙いでサラダを取り分ける女性に騙されるほどちゃらくはなく、上から目線だが実はやさしくて、夜中に飲みに行かない落ち着きのある男性”というところか。

※画像の2枚目は『高杉真宙 mahirotakasugi_ Instagram』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)